2019年11月に愛媛県松山市で行われたU-15アジアチャレンジマッチ2019で、日本代表の選手たちに「目に止まった2年生選手」を聞く機会があった。フレッシュリーグに所属する佐賀フィールドナインからは、西田稀士郎投手、八谷晟歩選手(共に浦和学院1年)の2名が大会に参加したが、この二人が口を揃えて名前を挙げたのが筑後サザンホークスの江口翔人選手だった。

 持ち味はずばり守備と足。軽い身のこなしから流れるような動作でゴロを捌き、また「出塁すれば二塁打と同じ」と言われる程の俊足で数多くの盗塁を積み上げてきた。今回はそんな江口選手に、これまでの成長や高校野球での目標を伺った。

職人というより牛若丸タイプ

筑後サザンホークス・江口翔人選手

 「守備ではピッチャーを助けるファインプレーであったり、また当たり前のボールは当たり前に捌いてくれますし、ショートに打てばアウトにしてくれるという安心感がありました。走塁でも、彼には自由に走っていいよというサインをいつも出していて盗塁はチームで一番多かったです」

 そう語るのは、筑後サザンホークスを率いる佐々木 翔大監督だ。江口選手はこれまで、高い守備力と俊足で幾度となくチームの窮地を救い、また流れをたぐり寄せてきた。打線では1番打者として相手守備を引っかき回し、守備でも難しいバウンドや外野に抜けそうな当たりをことごとく止めて球際の強さが光る。

 167センチ・50キロと体はまだ華奢だが、体幹が強いためか打撃でも守備でも軸はぶれず、小学校時代には投手として121キロを記録するなど肩の強さもある。守備職人のタイプというよりも、グラウンド上を縦横無尽に駆け回る牛若丸タイプだ。

 そんな江口選手の野球ルーツには兄の存在がある。兄の飛向(ひなた)選手は、小学校時代はソフトバンクホークスジュニアに選出され、筑後サザンホークスでも同じポジションのショートして活躍。現在は龍谷大平安で奮闘中で、江口選手はいつも兄の背中を追いかけてきた。

 「野球を始めたのも、筑後サザンホークスに入ったのも兄の影響で、小学校まではキャッチャーなどをしていましたが中学からは同じショートになりました。始めは送球が安定しませんでしたが、兄にもずっと教えてもらって良くなってきました」

 また小学校6年時には、兄と同じようにソフトバンクホークスジュニアに選出された。初めは周りのレベルに圧倒されたと振り返るが、当時の新垣 渚監督(元福岡ソフトバンクホークス)をはじめ、元プロ野球選手から教わった経験は大きな財産になったと語る。

 「まずサインプレーが多くて驚きました。覚えるのも大変でしたし、意識の高さが違うなと思いました。チームメイトのレベルも高かったのですが、負けたくないという気持ちで練習しました」

高校入学までに増量してパワーアップを

キャッチボールを行う江口翔人選手(筑後サザンホークス)

 そんな江口選手が印象に残ってる大会に挙げるのが、2年生時に出場したホークスカップの予選の佐賀フィールドナイン戦だ。試合では兄の飛向選手が怪我のため欠場し、その代役としてショートを守ることになったが、緊張から初回に2度の送球ミスが出てしまい失点に繋がった。

 だが、ここでミスを引きずらなかった江口選手。終盤に安打を重ねてミスを取り返し、見事チームの逆転勝利に貢献した。

 「ミスで点を取られた後に自分のバッティングで取り返すことができて、先輩たちの中で活躍できたことは自信になりました。ヤフオクドームで試合もできて、思い出に残る大会となりました」

 高校野球に向けてこれから課題になってくるのはバッティングだ。1番打者としてシュアな打撃を見せていたが、まだまだ力強さが足りないと感じている。現在はスイングの量を増やし、また食事の量も増やすことによって体重も増やしていき、パワーをつけていきたいと語る。

 

 「自分は長打が打てないので、ヒットを打って盗塁してというプレースタイルでした。これからはバッティングのレベルを上げて、より隙の無い選手になりたいと思います。高校に入るまでには体重は65キロくらいまでに上げていきたいです」

 もちろん守備でもさらにレベルアップを図っていく。中学野球引退後はYoutubeなどでプロ野球選手の守備動画を見る機会も増えたと言い、様々な動きを参考にしている。特に今宮 健太選手(福岡ソフトバンクホークス)と源田 壮亮選手(埼玉西武ライオンズ)の守備は何度も見ており、高校野球での活躍に繋げていきたいと強い意気込みを口にする。

 「特に源田選手は、動きが基本に忠実ですごいなと思いました。グラブ捌きは柔らかく落ち着いていて、送球も安定して見た目もすごく綺麗なのが印象的です。守備のレベルももっと上げていき、高校野球では甲子園に出るだけでなく日本一にもなって、最終的には高卒でプロ野球選手になれるようにしたいです」

 高校は県外からも多く誘いが来たが、地元・福岡県の強豪・西日本短大附に進学することに決めた。九州の牛若丸が、甲子園のグランドを駆け回る日が楽しみだ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
◆この春高校野球に飛び込むスーパー中学球児たち31名を紹介!
◆中学通算20本塁打以上のスラッガーなど関東地区注目8名のスーパー中学生
◆「天才でありエンターテイナー」西短の同期が語る新庄剛志