東海大菅生、石岡の好救援と好守で錦城学園の追撃をかわす


見事な救援をした石岡舜涼選手(東海大菅生)

 東海大菅生は中尾 剛、錦城学園は星 天太と、ともに左腕投手が先発した。左打者が多い東海大菅生は、一塁手である4番の片山 昂星を、初めてという左翼手で起用し、右打ちの舩越義弘を一塁手に起用した。

 1回裏、東海大菅生は1番の田中 幹也が右中間を破る三塁打を放つ。もともと守備の良さには定評のある田中であるが、ベンチプレスを挙げる重量がこの1年で80キロから90キロに増えるなど、パワーアップもしてきた。それでいて50メートルは5.9秒で走るので、必然的に長打が増えている。

 2番・鈴木裕は三振したが捕逸で振り逃げとなる間に田中が生還して、東海大菅生が1点を先制した。

 しかし2回表、四球の星を一塁に置いて、7番・塚田光咲はライトスタンドに入る2ランを放ち、錦城学園が逆転した。

 リードした錦城学園であるが、この試合では頼みのエース・星が乱調。3回裏に四死球2個に守備の乱れもあり、東海大菅生は同点に追いつく。さらに6番・中尾にも四球を与え満塁となり、7番・成瀬脩人の中前安打で2人が還り、東海大菅生が2点をリードする。

 ここで錦城学園は星をレフトに回し、やはり左腕の峯村佳志が登板した。峯村は、この回は追加点を許さなかったものの、5回裏には安打2本を許し1点を献上する

 それでも錦城学園は6回表、二死から5番・星の二塁打に6番・佐藤寛太の中前安打で1点を返す。続く7番・塚田も右前安打で二死一、三塁と追撃する。続く8番・上澤孝太郎は三塁線にライナー。抜ければ同点という打球であったが、東海大菅生の三塁手・小山 翔暉がダイブして好捕。追撃の芽を摘んだ。

 7回表からは、東海大菅生は背番号1ながら、今大会初登板の石岡舜涼を投入。回の頭からリードした状態でという、若林弘泰監督の狙い通りの場面での起用となった。石岡は、最速が145キロを記録するなど、球威はある。それでも錦城学園は、この回先頭の9番・舟津輝樹が右前安打で出塁すると犠打で二塁に進み、二死二塁の場面で3番・園田 小哲は難しい当たりの遊ゴロ。しかしここには名手・田中がおり、難なくさばいて得点を許さない。

 すると7回裏東海大菅生は、7番・成瀬の右中間を破る三塁打で1点を追加。8回裏は、右前安打の1番・田中が内野ゴロで二塁に進み、3番・渡部俊介の二ゴロを、錦城学園の二塁手がエラーする間に、田中は一気に本塁を突く。送球は捕手に渡り、タイミングは完全にアウトであったが、田中がうまく回り込んでセーフとなった。「コーチャーが回していたので、ホームを狙いました。ただ(捕手を)よけることだけ考えていました」と田中は言う。

 このセーフが大きかった。続く4番・片山、5番・伴野匠と安打が続き、6番・中尾が二塁打を放ったところでこの回4点目が入り、10対3。東海大菅生が8回コールドで勝利を収めた。

 最後はコールドゲームとなったが、錦城学園は攻守に積極的なプレーで、中盤までは東海大菅生を苦しめた。ただエース・星の制球の乱れと、東海大菅生との守備力の差が、点差を広げた。それでも夏までにどこまでチーム力の底上げをし、混戦の東東京で存在感を示すことができるか、注目したい。

 勝った東海大菅生は、準々決勝は国士舘と対戦する。「永田監督になってからは初めてです」と、若林監督。選手層の厚い両チームだけに、選手起用をはじめとする東海大菅生・若林弘泰、国士舘・永田昌弘という両監督の采配も含め、好ゲームを期待したい。

文=大島 裕史