佐久長聖が強打で松商学園を圧倒

6打点を記録した 眞銅龍平(佐久長聖)

 ともに昨秋の北信越大会に進んだ松商学園と佐久長聖が、2季連続の進出を懸けて対戦。夏も見据えて両エースが登板を回避した試合は荒れた展開となった。

 松商学園が左腕堀翔太郎、佐久長聖は右の小嶋大晟の背番号10同士が先発した。先手を取ったのは松商学園。2回、内野安打と失策、犠打で1死二、三塁とした松商学園は8番堀の内野ゴロの間に1点を先制。3回にも1死一、二塁から4番山本健斗の中越え二塁打で1点を加えると、5番伴在汰文はライト線への2点適時二塁打でリードを4点に広げた。

 2巡目に入った佐久長聖は3回に反撃開始。先頭の1番眞銅龍平が中前打で出塁。犠打で送り、3番齋藤眞乃輔がライト前へ適時打。さらに1死一、二塁から5番樋口塁大は右中間に2点二塁打。さらに6番堀北健人から怒涛の6連続単打でこの回、一挙8得点し逆転した。

 長聖は4回に眞銅の2点適時打、6回にも眞銅にこの日6打点目となる2点適時打が飛び出し、松商学園投手陣を打ち崩した。

 長聖は5回から、長身左腕古川雄大がリリーフし松商学園の反撃を封じて、12対4の7回コールドでライバル対決を圧勝した。

 松商学園は3投手が計20安打を浴び、それぞれに失点。エース直江 大輔に続く投手を確立できなかった。

(文・写真=小池 剛)
(写真 img12〜:佐藤 純一)