9回反撃もあと一歩・国分 

 シーソーゲームの展開は終盤まで見せ場があった。 

 鹿児島商は3回、3番・遠山龍主将(3年)のセンター前タイムリーで先制する。 

 4回裏、国分は8番・吉田尚貴(2年)の犠牲フライ、9番・織田裕哉(3年)のセンターオーバー二塁打で逆転に成功した。 

 直後の5回表、鹿児島商は一死満塁で4番・桑原悠成(3年)がセンターバックスクリーンへ満塁ホームランを放って試合を再びひっくり返す。桑原は6回にもタイムリーを放ち、5打点の活躍だった。 

 劣勢に立たされた国分だったが、6回裏、8番・吉田がソロを放ってくらいつく。7回無死満塁の好機は生かせなかったが、9回裏も一死満塁とこの試合3度目の満塁のチャンスを作り、代打・池亮太(3年)のレフト線二塁打で2点差に詰め寄った。なおも二死満塁と一打同点、逆転のチャンスだったがあと一歩及ばなかった。

   

(文=政 純一郎)