シード松本一が2ランなどで小海を退ける  

 初戦で私学の長野俊英を1対0で破った3年生3人の地域校、小海が、第6シードの松本第一に私学連破を懸けて挑んだが、シード校の壁は厚かった。

 小海が初戦に続き、背番号の6エース飯出永遠、松本第一は背番号11の右腕塚田大和が先発。小海は塚田の立ち上がりを攻め1回裏、先頭の1番林俊輔が右前打で出塁。犠打で二塁に進み2死後、4番の井出翔太主将がレフトの左に運び1点を先制した。すると松本第一も2回、8番阿部祐恭の右前適時打で同点とした。

 小海もすかさずその裏、1死二塁から8番佐野涼斗がレフト越えに適時二塁打を放ち、再び勝ち越した。今度は松本第一が、2死から3番三浦毅人主将が三塁打し4番でエースの荻原健汰が豪快にライトスタンドに運び、3対2と一気に逆転に成功した。主導権を握った松本第一は3回に犠飛、5回には再び荻原の2点適時打などで3点を加え突き放した。

 松本第一は守っても、2回途中からリリーフした2本柱の一人、右の二ツ栁竜椰がテンポよく投げ込む完璧な投球で小海の流れを完全に断つと、7回には5番平井智樹、6番小林祐稀の連続適時打で2点を加え、9対2として7回コールドで小海を退けた。

 小海は、松本第一に8つの盗塁を許し、得点圏に走者を進められて失点につながった。

 

 

(文=小池 剛)