立命館宇治が集中打で洛西を下し準々決勝進出  

 春の県大会準優勝、優勝候補の立命館宇治と初戦、3回戦と接戦で勝利した洛西の試合は、立命館宇治が終始主導権を離さず7回コールドで勝利した。

 まず初回、洛西は二死から3番・高橋勇人(2年)に左中間に二塁打、4番・箱崎斗維(3年)に四球の二死一二塁するが後続が倒れてしまい先制とはならなかった。
 その裏の立命館宇治は、洛西・鳥井俊吾(3年)の立ち上がりを攻め、先頭の1番・中村滉成(2年)が左中間に二塁打、2番・西祥太郎(3年)が犠打で一死三塁のチャンスを作るが、後続が倒れてしまい無得点に終わる。

 先制したのは立命館宇治であった。
 2回裏、先頭の大住優賀(3年)がスライダーを右線二塁打でチャンスメイクすると、6番・西成漱石(3年)が内野安打で無死一三塁とし、7番・上田龍一郎(2年)がスクイズを決めて立命館宇治が先制し試合の主導権を得る。
 洛西は3回、4回と走者を出すものの得点至らず反撃とは至らない。
 追加点を上げたい立命館宇治だが、洛西・鳥居のスライダーがコーナーに決まり捉えることが出来ない。

 試合が大きく動いたのは5回裏、立命館宇治の先頭の9番・今野優斗(2年)が右前打で出塁すると、1番・中村の内野安打などで一死満塁のチャンスを作る。この場面で、4番・森本晃太朗(2年)が適時左前打を放って追加点を上げると、6番・西成も適時右前打を放って更に追加点。その後も、連続四球などでこの回一気に立命館宇治が6点を上げ、試合を折り返す。

 6回表、洛西は先頭の1番・注連悠一郎(3年)が右線二塁打で出塁する。その後、二死とされてしまうが4番・箱崎が四球を選び二死一二塁のチャンスとし、立命館宇治の守備の乱れで1点を返す。
 更にその裏、立命館宇治の攻撃をこの試合初めて3人で抑え、守備からリズムを作る。

 良いリズムになって攻撃に移った洛西だったが、立命館宇治・西成がギアを上げ3者凡退で終わってしまい点差を縮めることが出来ない。

 その裏、立命館宇治は先頭の5番・大住優が二塁打で出塁すると、7番・途中出場の卜部大輝(3年)が適時左前打を放ち、7点差をつけ立命館宇治がサヨナラコールドで勝利した。

 立命館宇治は、11安打8得点の猛攻を見せベスト8進出を決めた。準々決勝では、鳥羽と対戦する。

 

(文:編集部)