勝ち方に「不思議なし」・奄美

 2回に8番・岩崎隆生(3年)のライト前タイムリーで先制した出水は5回表、二死から4連打を浴びせ、4番・矢原駿(2年)のライト前2点タイムリーで3点差とした。

 3点差を追いかける奄美は7回裏、下位打線の連打で一三塁とし、9番・河野由惟(2年)の犠牲フライで1点を返し反撃開始。エラーと4番・川口颯太(2年)の犠牲フライで同点に追いついた。
 8回表に再び勝ち越されたが、その裏二死一二塁で再び9番・河野がライト前タイムリーを放ち、振り出しに戻す。

 試合は延長戦にもつれ、10回表に先頭打者を出したピンチをしのぐと、裏に2番・元山嗣悠和(3年)の右前適時打で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

 劇的なサヨナラ勝ちは「すごいと思った」奄美・下野政幸監督だったが「勝ち方は不思議な内容ではなかった」と自信を持って言い切れた。初戦の鹿児島高専戦以上に「自分たちがやってきたことを出し切れた」手応えがあった。
 5回まで3点ビハインドは「正直苦しかった」。だが、選手たちの中には練習試合などの経験から追いかける展開でもひっくり返せる自信があった。

 5回途中からリリーフしたエース與島瑠生(3年)が後続を断って守備のリズムを立て直す。2打点を9番・河野が挙げるなど、7、8回の追い上げ、10回のサヨナラ、得点場面はいずれも下位打線がきっかけになった。これも1月頃から練習の中で、下位打線でもチャンスメーク、ポイントゲッターと役割を明確にして取り組んできた成果だった。

 10回表、先頭打者を出したピンチも内野陣を中心に落ち着いてしのぐ。最後は初戦で負傷した熊本翔(3年)に代わってマスクをかぶった2番・元山が決勝打を放った。
 次戦はシード鹿屋中央戦に挑む。大会前からここで鹿屋中央と当たることを目標にしてきた。「県内での自分たちの立ち位置を知る」絶好の試金石になる。勝っても負けても、今まで通り「やってきたことを出し切る」のみだ。

(文=政 純一郎)