初回を制した所沢が試合を制する!

1失点に抑えた所沢の先発・二宮

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

  公立校ながらも、昨春は埼玉県大会ベスト4、昨夏は埼玉県大会ベスト8まで勝ち上がったふじみ野。しかし、新チームになり迎えた秋季大会では地区予選で敗退し、県大会に出場出来ずオフシーズンを迎えた悔しさがある。一方所沢は、昨春は県大会出場が叶わなかったものの、今回は見事にリベンジを果たし県大会出場を決めた。

  この試合は初回からいきなり動き出す。
 1回裏、ふじみ野のエース・吉田は立ち上がりから制球がなかなか定まらずにいた。一死から所沢の2番西村(希)、3番江口に連続で四球を与え、更に4番西村(瑠)の放った打球をサード高野が痛恨のエラーでいきなり満塁の場面。ここで迎えるバッターは5番平。平の放った打球はライト線を破るタイムリー二塁打になり、所沢が2点を先制。

 しかし、所沢の攻撃はこれで終わらない。6番野見山がまたもや四球で出塁し再び満塁の場面でバッターは7番手塚。ここでスクイズを仕掛けるも、手塚が空振り、ランナーがタッチアウトに。ふじみ野が所沢の流れを切ったかに思えたが、手塚が失敗を巻き返すセンター前安打を放ち更に2点を追加。4対0と所沢が一気にふじみ野を突き放した。

 ここからスコアボードに0が並び続ける展開になる。所沢も三者凡退を繰り返す中、ふじみ野は相手の四球やエラーで出塁するものの後が続かず、5回まででヒット1本と苦しい試合展開。

 6回裏、所沢はこの回先頭3番江口がレフト前安打で出塁すると、4番西村(瑠)がしっかりと仕事をこなし犠打を決める。そこから二死になるも6番野見山が安打を放ち、さらに1点を追加し5対0とする。

 ふじみ野は7回裏からピッチャーを2番手加藤に継投するも、勢いのついた所沢は止まらず、8回裏にさらに1点を追加した。

 これでは終われないふじみ野は9回表、この回先頭4番粟田が4番の意地を見せ、センターの頭上を大きく超える二塁打を放つ。相手サードのエラー2本で満塁のチャンスを迎えるも、後続から安打が出ず得点は1点にとどまり、6対1で所沢が見事県大会2回戦進出を決めた。

 

 安打の数は両チーム共に6本ずつ、エラーもしており内容に変わりはないように感じるが、試合を大きく分けたポイントはやはり初回だろう。立ち上がり、球が浮いてしまっていたふじみ野のエース吉田。その隙を逃さずにチャンスをものにした所沢。

 県大会2回戦進出を決めた所沢はチーム全体に笑顔が溢れていた。一方ふじみ野も夏に向けてより一層気を引き締める機会になったに違いない。彼らのこれからの戦いからも目が離せない。

(取材・記事:編集部)