強烈なインパクトを残した1,2年生カルテット

 プロ注目左腕、米山 魁乙(3年)擁するCシード・昌平対草加東の一戦は、昌平がその強さを存分に発揮した試合展開となった。

 先発は草加東がエース早川大稀(3年)、一方の昌平はエース米山ではなく、右腕の大澤歩(3年)が先発し試合が始まる。

 試合は初回から昌平がペースを握った。

 草加東・早川の立ち上がりを攻めたて、先頭の千田 泰智(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く角田蓮(2年)の所で昌平ベンチはエンドランを仕掛ける。角田は期待に応えライト前ヒットを放ち、無死一、三塁とチャンスを広げる。ここで、3番・吉野 創士(1年)がライトへきっちりと犠飛を放ちまず1点、さらに、続く渡邉 翔大(2年)がセンター前ヒットを放ち、一死一、二塁とすると、すかさずダブルスチールを決め、一死二、三塁と再度チャンスを広げる。5番・吉野 哲平(2年)も死球で出塁し一死満塁とすると、続く佐藤克樹(3年)のセカンドゴロの間に2点目を奪い、昌平が幸先良く先制する。

 圧巻だったのは2回表であった。

 この回先頭の熊田優人(3年)がセカンドゴロエラーで出塁すると、続く松田樹(3年)がセンター前ヒットを放ち無死一、二塁とする。ここでさらに1番・千田がセーフティバントを決め、無死満塁とチャンスを広げると、続く角田がセンター前へ2点タイムリーを放つ。さらに3番・吉野創もレフトスタンドへ3ラン本塁打を叩き込みあっという間に7点差をつけ早くも試合の大勢は決した。

 昌平の長い2回表の攻撃は、まだまだ続く。2番手・馬場太史(3年)に対しても、代わり端、4番・渡邉がライトスタンドへその本塁打を放つと、続く吉野哲もレフト越えの二塁打で続く。6番・佐藤も四球を選ぶと、二死後、9番・松田がレフト前タイムリーを放ち9点差とすると、さらに、続く千田が左中間へ2点タイムリー三塁打を放つなど、結局2回表は一挙9点のビックイニングとなった。

 昌平はその後も全く攻撃の手を緩めず、3回表にも一死二、三塁から7番・大澤がセンター前へ2点タイムリーを放つと、4回表にもこの日2本目となる吉野創の本塁打を皮切りに、尾崎勇太(3年)、松田が連続タイムリーを放つなどさらに3点を追加する。

 投げては大澤、植木大誠(3年)、米山とつないだ昌平投手陣が草加東打線を全く寄せ付けず、結局5回コールド17対0で試合を決めた。

 まずは草加東だが、この日はエース早川を含め、頼みの投手陣が昌平打線の前に全く歯が立たなかった。打線も序盤から大きなビハインドを背負ったこともあり、昌平投手陣の前に沈黙するなど、攻守に文字通りの完敗であった。幸いスタメンに2年生が多く残しているだけに、新チームではこの敗戦を生かすべく、心機一転、攻守のレベルアップを心掛けてもらいたい。

 一方の昌平は、もちろんエース米山は注目されるべき存在なのだが、何よりも1番・千田、3番・吉野創、4番・渡邉、5番・吉野哲の上位打線がとにかく強烈だ。元々、昨夏ベスト4をスタメンとして経験した千田・渡邉・吉野哲の1年生トリオはポテンシャルが高かった。彼らはこの1年で順調に成長し、さらに、ここに吉野創という新たな1年生が加わり、現在は強力なカルテットを形成している。
 その破壊力は抜群だ。もちろん、この強力打線を有し、プロ注目のエース米山が投げる今年は、勝負の年だが、何より新チームになっても、このカルテットがそのまま残ることを考えると、埼玉のライバル校は正直ゾッとするであろう。この日は特に2発を叩き込んだ吉野創の存在が際立った。浦和実業戦がそうであったように、吉野創が今後、各シード校のエース級を捉えられるかは未知数だが、ポテンシャルは申し分ない。昌平と同ブロックには、聖望学園がおり、勝ち上がっても春日部共栄が待ち構えるという激戦ブロックではあるが、彼らのポテンシャルの高さに両校も戦々恐々としているであろう。今から対戦が待ち遠しくなる、この日の昌平の戦いぶりであった。

(文=南 英博)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会
■開催期間:2019年7月10〜7月28日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会】
■展望コラム【今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!】