鉄壁の智辯和歌山 優勝候補という名に違和感なし

池田陽佑(智弁和歌山) 写真:共同通信

来年も米子東は熱い!山内陽太郎、土岐 尚史、岡本大翔の逸材トリオの進化に注目だ!

 シートノックを見ただけで智辯和歌山の充実ぶりがうかがえた。三塁・綾原 創太(2年)、遊撃・西川 晋太郎(3年)、二塁・黒川 史陽(3年)、一塁・久保 亮弥(3年)のフィールディングが華麗で、スローイングのときの強肩も際立った。外野の根来 塁(3年)、細川 凌平(2年)、德丸 天晴(1年)の動きもよく、ここに実戦では東妻 純平(3年)が捕手として加わり、〝鉄壁″という言葉を違和感なく口にできた。この守備陣が試合でもチームの勝利に貢献した。

 2回表、米子東は先頭の岡本 大翔(2年)がレフト前ヒットで出塁し、5番の福島 悠高(3年)が2球目を捉えると打球は三塁線を抜くような鋭い打球となるが三塁の綾原がこれに飛びつき、すぐに起き上がると二塁に送球し、5−4−3の併殺が完成した。

 6回には1点取られて同点となったあと、なおも1死一、二塁のピンチが続き、ここで4番岡本が放った打球は三遊間を抜くようなコースに向うが、遊撃手の西川が懸命に腕を伸ばしてこれを好捕。三塁への送球は三塁手の綾原の足が離れセーフになるが、これがレフトに抜けていれば逆転の走者がホームを踏み、結果は違ったものになったかもしれない。

 試合は6回表終了時点で、大方の人が予想もしなかった1対1の接戦となった。米子東の先発、左腕森下のストレートは最速でも130キロ台前半しか出ないが、これにカーブ、スライダーなどの変化球を交えて、ストレートを速く見せた。5つの三振のうちストレートで奪ったのは4つ。これだけで森下の技巧の冴えがわかる。

 6回裏、智辯和歌山の攻撃陣は森下のボールゾーンに逃げる低めの変化球に手を出さず、ストライクゾーンにくるボールに的を絞った。2死走者なしから5番根来がライト前ヒット、6番東妻 純平が右中間に三塁打を放ち勝ち越し、なおも7番が四球で歩き、8番池田がライト前ヒットで3点目、9番綾原も三塁手のグラブを弾くレフト前ヒットを放ち、4点目を入れ、勝負を決した。

 野手ばかり紹介したが、最も勝利に貢献したのは投手陣だ。先発の池田はセンバツの時点では智辯和歌山に毎年のように出現する右の本格派に見えた。ストレートの最速は速くても142、3キロ止まりで、ここにスライダーなどの変化球を交えて試合は作るが、相手打者を押さえ込む迫力には欠ける。しかし、この日の池田はストレートが最速148キロを計測し、ボールの力は最後まで衰えを見せなかった。変化球はスライダー、カーブにチェンジアップ、フォークボールを加え、8回までの24アウト中、ゴロアウトは14個を数えた。

 勝負の行方が見えた9回表に登板した小林 樹斗(2年)はストレートのキレと速さで目を引いた。先頭の岡本はこの日、池田から3本のヒットを放っている強打者だが、3球すべてストレートという配球で空振りの3球三振、5番の福島 悠高も148キロのストレートで空振りの三振に仕留め、最後の6番土岐尚史はスライダーでライトフライに打ち取って、チームの2回戦進出を後押しした。

 2枚の全国レベルの本格派右腕を擁し、内・外野は鉄壁の守りで投手を支え、攻撃陣は伝統の破壊力を備える。どこから見ても〝優勝候補″という名に違和感はなく、優勝候補の筆頭に躍り出たと言ってもいいだろう。

試合後のコメントと両チームの個人成績表

球速が速い投手なので、ストレートにタイミングをあわせていました。うまく打ててよかったです。
秋では同学年2人しか投手がいないので、投手としてチームを支えたい。(米子東・岡本 大翔)

6回に、同点打を打ててとても自信になりました。(米子東・山内陽太郎 )

コントロールに自信があるのですが、それを発揮できず、とても悔しいです。エースの森下さんから、いろいろなことを学びましたが、森下さんは試合を作る安定感がありましたので、そこを学んでいきたいです。
秋は中国大会優勝・神宮大会出場を目指していきます。(米子東・土岐)

0から100の意識でリリースして、良い感覚で投げることができました。スピード表示は148キロが出た時だけ見ました。そんなに力いれなくてもこんなに出ているのかと驚きました。(智辯和歌山・小林 樹斗)


米子東 打撃成績
米子東 投手成績
智辯和歌山 打撃成績
智辯和歌山 投手成績

来年も米子東は熱い!山内陽太郎、土岐 尚史、岡本大翔の逸材トリオの進化に注目だ!

(記事=小関 順二)