6失点は想定以内。杉戸、溝尾の3年生投手が力投!

中森俊介(明石商)※提供=共同通信社

 明石商の準々決勝のマウンドに登ったのは、杉戸 理斗だった。エース・中森 俊介を先発させないのは全国制覇のため。狭間監督は「全国制覇へ向けて逆算して投手起用をする必要があるので」と語る。中森を投げさせる場合、救援で3イニング程度と考えていた。それまでは全員の投手が投げて5イニングは試合を作るゲームプランを立てた。

 杉戸に先発登板を告げたのは、試合前日。杉戸は狭間監督から5イニングを投げれればいいといわれていたが、「5イニングと思ってしまうと、長くなってしまうので、完投するつもりで投げました」

 何とか踏ん張ったが、5回にピンチを作って降板。その後、同点に追いつかれる。ただ2番手で登板した溝尾 海陸が素晴らしい投球を見せた。溝尾は中学時代から投手として活躍。高校入学後も投手だったが、2年秋、打撃の成長ぶりが買われ、外野兼任投手として出場することが多くなった。3年生になってからほぼ投手メインで試合出場ことが多くなった。

阪神甲子園球場 のマウンドについてワクワクしていた心境だった溝尾は存分に自分の力を発揮した。130キロ前半だが、両サイドへ投げ分けがしっかりできており、110キロ前半のスライダー、スプリットを低めに落として、7回裏、二死三塁まで無失点の好投を見せた。

 中森の登板のタイミングについて、狭間監督は2番島袋 翔斗がこの日、最も当たっていた打者で、このタイミングで投入した。中森は151キロを連発させて島袋を打ち取った。

 その後、中森は常時140キロ後半のストレートを中心に投げ分け、ストレートに強い八戸学院光星打線をねじ伏せた。ようやくだが、本領発揮の投球を見せてくれた。2年生での151キロは大谷 翔平に並ぶ歴代2位タイの球速。コントロール型の投手で、150キロ台を投げられるのは恐ろしすぎる。

 この日は、速球中心の中森だが、準決勝以降は新たな引出しを見せてくれるに違いない。2020年の高校野球をリードする投手としてさらなる快投を期待したい。

 それにしても凄いのが狭間監督の読みだ。中森が先発でなければ、6失点するのは想定通りで、7点目をとるか、与えないかを重要視していた。その通りの試合運びを見せた選手たちもすごいし、狭間監督の選手起用も素晴らしい。

 エースの中森は11.1回しか投げていない。これほどの大エースがこのイニング数の少なさは大きなアドバンテージ。初優勝へ向けて、準決勝・決勝でフル回転できる準備はできている。

両チームの個人成績表
明石商 打撃成績
明石商 投手成績
八戸学院光星 打撃成績
八戸学院光星 投手成績

(記事=河嶋 宗一)