例年と変わらぬ独特の空気を醸す夏の大会。二松学舎大附が苦しみながらも初戦突破

先発の秋広優人(二松学舎大附)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 「今回はそこまでかなと思っていましたが、やはりいつも通りの夏の大会でした。独特の空気があり、選手は少し硬くなっていました」

 試合後、二松学舎大附の市原勝人監督は引き締まった表情で語った。
 7回コールドでの勝利だったが、立ち上がりは硬さが見られ苦しい展開となったからだ。

 2回表、都立文京は二死二塁の場面から、7番・小田拓未がライト前ヒットを放つ。ランナーは三塁で止まったが、バックホームされたボールを捕手が弾き、その間に三塁ランナーは一気にホームへ生還した。

 二松学舎大附のレベルを踏まえると、考えられない形での失点である。
 市原監督が「独特の空気」と振り返ったのは、こういった展開となったためだ。

 しかし「選手には焦るなと声を掛けました」と市原監督が語ったように、失点して以降は徐々に二松学舎大附の選手たちは本来の動きを取り戻し始める。

 3回裏に2番・永見恵太のタイムリーで同点に追いつくと、4回には7番・杉山友斗のタイムリーで逆転に成功。その後も5回に、注目選手の一人である山田 将義の犠牲フライで1点を追加し、6回には4本のタイムリーを浴びせ一挙7得点。都立文京を一気に突き放した。

 また先発の2メートル右腕・秋広 優人も粘りの好投を見せた。
 味方のミスから先制点を許す形になったが、勢いのあるストレートを軸に組み立て、3回には満塁のピンチを切り抜けてチームに流れを呼び込んだ。

 市原監督も「苦しい中で本当によく我慢してくれた」と話すなど、実力だけでなく精神的にも大きく成長した姿を見せた。
 試合はそのまま、10対2の7回コールドで二松学舎大附が勝利。粘りの試合運びで1回戦を突破した。

 一方、敗れた都立文京だが、相手先発の秋広に対しては「目線を下げて高めを捨てるように指示した」と工夫して臨んだことを梨本浩司監督は話したが、あと一本が出なかった。

 それでもエースの古坊充輝は、「初戦が二松学舎大附に決まった時は嬉しくて、始めは名前負けもせずに戦うことができました」と笑顔で話し、晴れやかな表情で球場を後にした。

 二松学舎大附は、2回戦では海城と東京成徳大高の勝者と対戦する。

(記事=栗崎 祐太朗)