北川の一打で添上が逆転サヨナラ勝ち!

9回裏に逆転サヨナラ打を放つ北川遼(添上)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 添上が逆転サヨナラ勝ちでベスト8進出を決めた。

 添上はエース左腕の岡拓澄(3年)がサークルチェンジやスローカーブを駆使する緩急自在の投球で4回までパーフェクトピッチング。守りから流れを作ると、3回裏に無死一、三塁から主将の4番・山﨑唆登(3年)の中前適時打で先制点を挙げる。

 突破口を開きたい御所実は5回表に先頭の4番・北野秀太(3年)がチーム初安打を放つと、一死二塁から6番・角谷拓馬(3年)の中前適時打で同点。さらに6回表には二死一、三塁から北野が2点右超え適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

 リードを許した添上だが、7回裏に相手の失策で1点を返すと、9回裏に2本の安打で一死一、三塁と長打が出れば、逆転サヨナラの場面を作る。ここで打席に立つのは2番の北川遼(2年)。「絶対に僕が決めようと思って打席に入りました」と2ボールから内角高めのストレートを振り抜き、打球はフェンス直撃の長打となる。この当たりで二者が生還。劇的な逆転サヨナラ勝ちで添上が御所実を下した。

 選手16人と少数だが、「主将の山﨑がよく締めている」(松元隆監督)とチームワークは抜群の添上。個々からは強敵との戦いが続くが、チーム一丸となって高みを目指す。

(記事=馬場 遼)