4投手によるノーヒットノーランリレーだけじゃない!武器である打線で八千代東が我孫子二階堂を下す!

 夏の日差しが容赦なく照り付けるZOZOマリンスタジアム。第1試合の八千代東と我孫子二階堂の一戦は静かな立ち上がりとなる。

 我孫子二階堂は先発にエース・瀬尾一馬を持ってくる。手足の長い投手らしい体格をしている瀬尾はノーワインドアップで始動して、腕を下げるのではなく真横に引いた状態で体重移動。着地同時に身体を縦にねじって腕を振り抜いていく。

 ストレートは120キロ後半をマークしているが、球速表示以上のスピード感を感じさせており、八千代東ベンチから「伸びている」という一言も聞こえるほどのボールを投げ込む。そこに110キロ台の縦のスライダーに緩急をつけた100キロ台のカーブを織り交ぜる本格派投手である瀬尾は、八千代東打線を3回までノーヒットに抑える好投を見せる。

 それに負けじと八千代東もエースの齋藤嘉斗が好投を見せる。サウスポーの齋藤は小さく引き上げるようなテイクバックでトップを作るコンパクトなフォームから角度を付けた115キロ前後のストレート、さらに100キロ前後の大きく曲がるカーブを混ぜる緩急で勝負するピッチャー。「緊張はしました」という齋藤は少し制球に苦戦をするものの、こちらも3回までノーヒットの好投で援護を待つ。

 試合が動いたのは4回。八千代東は先頭の3番・三橋大和と4番・上里健斗の連続ヒットで無死二、三塁としたところで5番・深澤悠太のタイムリー。さらに7番・安部翔也のタイムリーなどで一挙4得点を先取。試合の主導権を握った。

 その後、八千代東は2番手・國分凛太朗と3番手・植木球大郎。そして我孫子二階堂は先発・瀬尾のピッチングが光り、互いのスコアボードには0が並んでいく。

 しかし8回、八千代東が先に均衡を崩した。
 先頭の4番・上里が左中間への三塁打で追加点のチャンスをつかむと、5番・深澤の犠牲フライで5点目。さらに8番・高越祐次朗のレフト前などで2点を追加。最後は9回にも3点を追加して勝負あり。八千代東が我孫子二階堂を9対0で破って勝利。2回戦へコマを進めた。

 試合を振り返ると、八千代東が得点を奪ったイニングは打線がきっちり繋がって得点を重ねているのが印象的。細かく繋いでいく打線で勢いづいたら止められない厄介なチームだ。

 またベンチの雰囲気も明るいことも印象的であるが、これは中村匡宏監督が「チーム内であればチームメイトをいじるのは良いことにして、選手間できっちり声を掛け合えるようにしました」とのこと。それが結果として明るいチームを作り上げているのだ。

 その中で中軸を担っている4番・上里を取り上げたい。打点こそないが、数少ない複数安打を放っており、一塁ベース到達も4秒前後と脚力もある。また4番手として最後にマウンドに上がるなど高いポテンシャルを見せる。

 その上里のバッティングフォームを見ていると、肩幅ほどに開いて構えておき、一度小さく足を上げてスクエアスタンスしてから、もう一度しっかり足を上げて前へ踏み出していく。この時に突っ込むことなく、しっかりと軸足で回転ができており、なおかつ8回の三塁打の時は低めの変化球にうまく対応する柔らかさもある。次の試合でも高いポテンシャルを発揮することを期待したい。

 他にも5番・深澤は手元までボールを引き付けてパンチを利かせた強い打球を飛ばして3打点をマークするなど、警戒したい打者はまだまだいる。勢いづけると厄介なだけに、対戦するバッテリーはいかに相手打線を勢いづかせないか考えながら各打者と勝負しなければならないだろう。

 そして敗れた我孫子二階堂は瀬尾が質の良いボールを投げ込んでいたのが印象的だった。身体が大きくなり、パワーがつけばさらに高いレベルの投手になるだろう。次のステージでも続けるのであれば、成長した姿を見られることを楽しみにしたい。

 試合後、諸星邦生監督は「相手の先発が左で来ることを考えて対策をしましたが、思うような攻撃が出来ませんでした」と一言。力を出せなかったことを悔やんだ。また主将の原田拓弥は「このような状況の中でZOZOマリンで出来たことには感謝の気持ちしかありませんが、勝利という形で恩返しができずに悔しいです」とコメントした。

(記事=田中 裕毅)