森田の好投が光った初芝橋本が19年ぶりの決勝へ

最後の打者を打ち取り、ガッツポーズを見せる森田彩介(初芝橋本)

 投手戦を制した初芝橋本が19年ぶりの決勝進出を決めた。

 箕島先発の松下広都(3年)がコーナーを突く投球で3回まで無安打に抑えると、初芝橋本のエース・森田彩介(3年)もストレートとスライダーを上手く織り交ぜた投球でこちらも3回を1安打無失点と上々の立ち上がりを見せる。

 試合が動いたのは4回表、先頭の3番・千代松広大(3年)がチーム初安打で出塁すると、二死一、二塁のチャンスを作る。ここで7番・伊藤元翔(3年)が右前適時打を放ち、先制点を奪った。

 さらに5回表には二死三塁から千代松の中前適時打で1点を追加。対する箕島は5回裏に二死三塁から9番・伊藤勇人(3年)の右前適時打で1点を返し、1点差で前半を折り返した。

 箕島は6回表から背番号11の北地一星(2年)がマウンドに上がるが、四球を二つ出して一死一、二塁としたところで降板。3番手にDeNA・中川虎生の弟である左腕の背番号10・中川大雅(2年)を送り出した。中川は二死から四球を出して満塁とするも、このピンチを見逃し三振を奪い、初芝橋本に追加点を与えない。

 中川はキレのあるストレートで押していく投球で、7回以降をパーフェクトに抑える抜群の投球を披露。11個のアウトのうち、8つが三振という圧巻の内容だった。「最高です。気持ちも入っていたし、結果をキッチリ出してくれましたね」と北畑清誠監督も中川の投球を絶賛した。

 しかし、箕島打線は最後まで森田を打ち崩すことはできなかった。森田は2日前の準々決勝で111球を投げていたが、「1日休みがあったので、しっかり休むことができました」と最後まで球威が衰えない。疲れが見えてもおかしくない7回以降に一人も走者を出さず、1点のリードを守り切った。

 初芝橋本は夏の甲子園に出場した2001年以来となる決勝進出となった。北嵯峨、鳥羽、立命館宇治で計10度の甲子園出場に導いた卯瀧逸夫監督が就任2年目で早くも結果を残している。

「運だけでここまで来たので、何とも言えませんが、選手たちはよく頑張ってくれていると思います。競ったゲームをこの子たちはあまりしたことがないのですが、苦しみながら一つのプレーの大切さを学ばせてもらったと思いますね」と選手たちの頑張りに目を細める卯瀧監督。決勝の智辯和歌山戦に向けては、「強力打線ですので、ディフェンスを頑張りたいとまずは考えています」と話していた。

 好投むなしく涙を呑んだ中川は、「プロに注目されるようになって、来年のドラフト候補に選ばれるようになりたいです」と来年のプロ志望を明言。兄に続くプロ入りなるかに注目だ。

(取材=馬場 遼)