市立船橋、相手のスキを逃さない高度な野球で好投手を攻略。6回コールド勝ち

 東葉の注目投手・清水大翔と試合巧者の市立船橋の一戦。

 市立船橋が名門校らしい攻めで好投手を攻略した。2本の安打で少しずつチャンスを作り、一死一塁から8番大野 栄瞬の適時三塁打、9番高山 航希の遊ゴロ内野安打で2点目。さらに守備のミスもあり、三塁へ。そして内野ゴロの間に三塁へ。そして内野ゴロの間に1点を追加。3回表、8番高山のフェンス直撃の一打や1番菅谷の2点三塁打で6対0と大きく点差を広げる。そして5回表にも相手のミスが絡み、8対0。6回表にも4番・清水 祐希の右越え三塁打、代打・渡邊 龍の適時打などが絡み、10点目。

 そして市立船橋の先発・高山は5回無失点の好投。

 左サイドからテンポの良い投球。投球フォームに着目してみると、沈み込みタイミングで、ワンテンポ遅らせながら体を巻きつかせて腕を振る、ぎくしゃくさがなく、腰がスムーズに回転しているので、打者からすれば相当打ちにくい体の使い方をしている。そのため125キロ前後でも、球速表示以上に勢いのあるストレートだった。桜内監督も「うちは140キロ、150キロを投げられる投手はおりませんから。高山の場合、チーム内で制球力が最もよく、緩急を使える投手ですので、主力を任せています」

 どうしても注目投手は球速のある投手のほうに目に行きがちだが、高山の場合、これから大学・社会人で活躍できるためのフィジカル強化に取り組んでいけば、140キロ台のストレートを投げ込む技巧派サイドに化ける可能性は十分に持っていている。フォームの実戦度の高さ、腕の振りの良さを見れば、もっと伸びる可能性を持っている。

 6回コールド勝ちでブロック準決勝進出を決めた市立船橋。狙うは決勝で対戦が予想されるであろう習志野を破って決勝トーナメントに進出することだ。相手のスキを逃さない高度な野球を実現する市船野球をこれからも実践する。

(記事=河嶋 宗一)