栄徳が集中打と巧みにミスを突く攻撃で西尾にコールド勝ち

西尾の川井君は大型の本格派投手で将来性はありそう

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 西三河地区一次予選では宿敵とも言える西尾東を下し、さらには岡崎城西も下してブロック1位。二次トーナメントでも知立東に勝つなどして4強となって県大会進出を果たした西尾。田川誠監督としても、今年のチームに関してはある程度の好感触を持っているという。それだけに、有力私学にも一泡吹かせてみたいという思いは強いようだ。

 栄徳は、夏季大会では雨で何度も足止めを食ったりもしながらの戦いだったが、優勝した中京大中京に対してある程度の抵抗は示した。そして、その翌日にはもう新チームをスタートさせていた。「今年のチームは、個々の力は別として、とてもチームワークがいいんですよ。それだけに、一つでも多く勝たせてあげたいんですよね」というのが中野幸治監督のこのチームへ賭ける思いでもある。

 投手戦になるかと思われた試合だったが3回、栄徳が一気に西尾の先発川井君を崩した。

 この回の栄徳は先頭の8番・齋藤大志君が中前打で出るとバントで二進。山下君の内野安打の後死球もあって満塁。ここで3番・山本康太君が左前へはじき返してこれが2点タイムリー打となる。さらに栄徳は小笠原君も右前打でつなぐと四球押し出しと暴投で2点追加。この回4点が入った。

 さすがに西尾の田川監督は川井君を諦めて左腕の加藤君を送り込んだ。栄徳は4回、加藤君に対しても、またしても齋藤大志君の安打からバント安打に送球ミスやけん制悪送球などもあって、スクイズ犠飛などで3点を追加した。これで、試合は栄徳のペースとなっていくのだが、こうなると栄徳・髙木君は自分のリズムで投球ができるようになり余裕もある。

 初回に先頭の松井君に右前打を許した以降は6回まで西尾打線を無安打に抑えていた。7回に小納谷君に左前打を許したものの、結局2安打完封。投球数も70球という省エネでまとめられた。「投手が一人しかいないんで、コールドに出来て短く抑えられたのはよかった」と中野監督も、無失点での快勝に一応は満足していた。

 とはいえ、今年は夏休みの新チーム作りとしては大事な時期に、あまり実戦経験を積むことが出来ていない。そんな要因もあって、チームの層としてはもう一つ薄いのは否めないという。それだけに、「(ゾーンとしてはベスト4までは私学4強がいないということもあって)幸い組み合わせとしては悪くなく、何とか戦えるかなというところでもあります。それだけに、一つでも多く勝って行って経験を積ませたい」というのも、正直なところであろう。

 いくらか自滅にも近い形で敗れた西尾は、田川監督も、「3回打たれての失点はしょうがないですけれども、その後に押し出しと暴投。さらに次の回にも連続失策という形では、力が上の相手に対しては勝てません。そのあたりの一つひとつのプレーの精度を上げていくことが課題です。この秋は、まだ全三河の大会もありますし、経験を積んでいかせるということで言えば、その舞台があることは有り難い」と、とにかく今後も大会や試合を通じて一つでも多く経験していくことを今後のチームの課題としていた。

(取材=手束 仁)