新生・正則学園が大逆転で8回コールド勝ち。平沢大河主将が勝利を呼び込む同点適時打

同点打を放つ平沢大河

 過去に甲子園出場がある正則学園。今年から新監督が就任した。それが国島一平氏だ。2009年夏の甲子園に出場し、3番セカンドとして活躍し、初戦の倉敷商戦では岡 大海(北海道日本ハム)から4打数2安打4打点の活躍を収めるなど、強打の二塁手として活躍。その後は日体大ではベストナイン、伯和ビクトリーズは昨年まで4番打者としてスタメン出場し、主将を務めていた経歴もあるなど、東京都の指導者で、社会人野球まで活躍していた方はなかなか少ない。それも昨年まで主力選手だった方が即監督に就任というのはレアケース。この夏1回戦負けから復活を期待されている。

 ただ国島監督、選手も「準備不足な面が出た」と振り返るように、劣勢を強いられる。3回表、2点を先取した正則学園だったが、3回裏、都立桜町は無死二、三塁打から4番今松の左前適時打で同点。さらに今松は二盗を決め、三盗の際に相手捕手の悪送球を誘い、本塁へ生還し、勝ち越しを決めた。しかし5回表、正則学園は1番石井の右前適時打で同点に追い付く。だが、5回裏、都立桜町は6番増田の適時打で勝ち越しに成功。

 都立桜町は機動力を駆使して点をもぎとるスタイル。駆け引きも上手く、7回裏、一死三塁のチャンスから野選で1点を追加され、都立桜町ペースで試合が進んでいった。

 しかし正則学園は8回表、本領発揮をする。2死球1四球で無死満塁のチャンス。ここで打席に立ったのは6番平沢 大河。
「とにかく次につなぐことだけを考えて打席に立ちました」

と振り抜いた打球は左前適時打で二者生還。平沢は登録上、「平澤」だが、新聞表記では「平沢」となるため、千葉ロッテの平沢 大河(仙台育英出身)と同姓同名の選手である。千葉ロッテファンで、東東京ポニー時代からは驚かれたという。さらに敵失、8番近藤の犠牲フライ、9番今井の適時打などで逆転。最終的には12得点をあげ、15対5と逆にコールド勝ちのチャンスを作った。そしてその裏、エース・近藤が守り切り、逆転で8回コールド勝ちを決めた。

 この夏は初戦敗退。そして監督も変わり、古豪・正則学園は転換期を迎えた。主将である平沢は「監督の言葉を信じて頑張るだけ」と語る。国島監督は選手に対してフルスイングを徹底させている。実際にクリーンナップの打撃フォームを見ても下半身主導のステップで力強い打球を生み出す形ができている。昨年まで現代のアマチュア野球の第一線でやってきた国島監督の存在は大きいだろう。都大会進出を決めれば、さらにチームとしてワンステップ伸びる予感がする。新生・正則学園の戦いぶりに注目だ。

(記事=河嶋 宗一)