国学院久我山・高橋 後半の力投で明大中野を破る

国学院久我山・高橋風太投手

 昨夏、西東京大会を制した國學院久我山に、強豪校の明大中野。1次予選で対戦させるのは惜しい好カードは、予想通りの熱戦になった。

 新チームになって最初の公式戦だけに、試合に入り方が大事になる。國學院久我山の先発・高橋風太は、身長166センチと、投手としては小柄だが、強気な投球が光る。しかし立ち上がりは変化球主体の慎重な投球で、1回表を無失点で切り抜ける。

 一方、明大中野のエース・杉崎友則は主将も務めるチームの大黒柱。けれども、ゲームに入り切れないうちに失点をする。國學院久我山の1番・下河邊隼人の難しい遊ゴロを、好守の八幡優介がうまくさばいたが、2番・上田太陽の遊ゴロを今度は失策。3番・内山凜は四球で歩き、5番・渡邊嶺の右前安打で、國學院久我山が1点を先制した。

 先制された明大中野は3回表に安打2本と四球で一死満塁とし、3番・阿保快人の左前安打で同点に追いつく。しかし4番・加藤千は遊ゴロの併殺打となり、この回は1点止まり。それでも4回表は二死二塁から8番・杉崎がセンターへの二塁打を放ち、明大中野が逆転する。

 ただ逆転されてから、國學院久我山の高橋の投球がさえてくる。「最初は球が上ずっていましたが、気持ちを切り替えました」という高橋は、ストレートで押す、攻めの投球をする。最速は136キロ程度だが、気持ちが入っており、威力は十分。5回以降は安打を1本許しただけ。1回から4回までは奪三振2であったが、5回から9回までは奪三振6。この力投が國學院久我山に同点、逆転を呼び込む。

 國學院久我山は5回裏に2番・上田太陽がレフト柵越えの本塁打を放ち同点に追いつくと、7回裏は二死二、三塁から4番・榎本佑太郎の詰まった当たりが左翼手の前に落ちて2点適時打となり勝ち越し。結局4対2で國學院久我山が勝った。

 コロナ禍の中のこの夏は、例年とは違うチーム作りなる。國學院久我山も、遠征や合宿はできず、練習試合も都内のチームのみで、夏休みも8月16日から28日までと短かった。そうして迎えた秋季大会だけに、尾崎直輝監督は、序盤のつまずきは、「秋の初戦はどうしても、こうなります。いい経験になりました」と語る。エースナンバー1が「重いです」と語った好投の高橋も、目標は「センバツです」と力強く語った。初戦の強豪対決に、國學院久我山はまず勝ったことが大きく、チーム力は、これから付いてくるだろう。

 一方敗れた明大中野の岡本良雄監督は、相手が國學院久我山ということで「気合も入っていました」と語る。ただ敗れはしたものの「次につながる負けだと思います」と前向きにとらえている。エースで主将の杉崎はしっかりゲームを作る投球をしたし、最後1イニングだけ投げた浦和シニア出身の上田時生は球威があり、今後が楽しみな投手だ。明大中野は秋の1次予選の初戦で敗れたとはいえ、過小評価は禁物であることを感じさせる敗戦だった。

(記事=大島 裕史)