日本学園が日体大荏原を破る!白熱の投手戦は意外な形で幕切れ

都大会出場に歓喜する日本学園ナイン

 都大会出場をかけた日体大荏原と日本学園の一戦。どちらも試合前のアップ、ノックから気合の入った声をグラウンドに響かせており、緊張感に包まれた中の一戦は投手戦となった。

 日体大荏原の先発・宇藤武蔵はノーワインドアップから始動し、適度に軸足を曲げた状態で動き出していき、身体で隠れた左腕をトップの高さまで引き上げていき、回転に合わせて一気に振り抜く。

 力感はないが、縦回転のフォームからキレのあるストレートを投げ込んでいく。そのキレに日本学園の各打者が高めのボールに手を出すシーンもあった。ストレートに加えてステップ幅の狭さを活かして、角度を付けたところから縦のスライダー、緩急利かせたカーブなどを駆使して日本学園打者を翻弄した。

 一方、日本学園は先発・浅井颯斗。こちらはセットポジションから動き出していき、右足にグラブをポンっと当ててリズムを作ってから重心移動する。後ろの大きいテイクバックでトップを作ると、スリークォーター気味の高さから腕を振り抜いていく。ストレートを軸に、スライダーやカーブといった変化球を織り交ぜた打たせて取る投球で日体大荏原打線を封じ込めていく。

 白熱の投手戦は4回、日体大荏原4番・石黒大志が二死二塁からセンターへの二塁打となるタイムリーを放って先制した。石黒は1年生の夏から公式戦に出場しており、経験豊富な捕手。バッティングフォームにはあまり癖がなく、スイングも鋭い。キャッチャーとしては二塁送球は2秒前後ではあるが、安定したボールを投げ込んでおり、攻守でチームの柱と言っても過言ではないだろう。

 その石黒のタイムリーで先制した日体大荏原の宇藤は4回以降もランナーを許しながらも、日本学園にホームを踏ませない粘りの投球。しかし日本学園も守備でリズムを作っていくと次第に勢いが出てくる。

 すると8回、日本学園は3番・木村佳暉のライト前から同点のきっかけを作ると、4番・澤田夕輝のヒットで無死二、三塁と一打勝ち越しのチャンス。ここで日本学園は5番・長沼海音にスクイズの指示を出し、見事成功。1対1と同点追いつくと、最終回は8番・高橋峻は四球を選んで出塁。9番・浅井のピッチャーゴロと三盗で二死三塁。

 ヒットでもエラーでも勝ち越しのチャンスで、三塁ランナー・高橋がホームスチールを仕掛ける。これを仕掛けた50メートル6.4秒を誇る高橋は「モーションは大きいと思っていましたが、ベンチにいた吉澤(伸容)の一言を聞いて決心がつきました」と勇気と自信をもってスタートを切ると、マウンドの宇藤は振りかぶっていたため、慌ててホームへ投げる。


日体大荏原先発・宇藤武蔵

 すると球審からイリーガルピッチが宣告される。結果として三塁ランナーが生還し、これが決勝点。2対1で日本学園が日体大荏原を下して都大会の切符をつかみ取った。

 試合後、高橋は常にバッティング練習からピッチャーのモーションを見てスタートを切る練習をしてきたとのこと。積み重ねてきた成果が勝負所で発揮され、都大会をたぐり寄せるホームを踏んだ。10月からの都大会に向けては「先輩たちを超えられるようにしたいです」とベスト16越えを誓った。

 そして日本学園の高橋裕輔監督は「劇的過ぎて感動しました」と率直に気持ちを語ってくれた。その上で試合を振り返ると「新チームから守備をしっかりとやってきましたが、今日はランナーを出しても浅井が粘り強く丁寧に投げてくれてリズムよく打ち取ることができました」とエースの快投を称賛した。

 3年生30人おり、主力も3年生が中心だったため、旧チームからの経験者は僅か2人。0からのスタートで日本学園は2週間の夏休みを使って練習に力を注いできた。その中で自分たちのできること、そうでないことをはっきりさせて、課題に対しては徹底的に取り組むことで自信を深めてきた。

 それに加えて先週の試合で受け身の姿勢で戦い硬くなったことを反省し、「最初から攻めるつもりでやっていこう」と高橋監督が声をかけてチームの雰囲気を明るくした。

 試合中に何度も「チャレンジャー」という一言が聞こえ、ベンチの中は常に雰囲気が明るいのが印象的だった日本学園。夏と違って試合感覚が空く秋の大会の特性を活かして、見事日体大荏原を破ってみせた。10月からの都大会ではさらに成長した姿を見たい。

 一方で敗れた日体大荏原。宇藤-石黒バッテリーを中心に粘り強く守ったが、最後に崩れてしまった。指揮を執る相原健志監督は「守備の隙と攻撃の甘さが出てやられました」と一言。相原監督だけではなく選手たちも今回の敗戦を重く受け止めていた。

 宇藤-石黒バッテリーだけではなく、5番・會田蓮は体にバットが巻き付くような鋭い振りをしており、守備ではサード・小穴涼太郎、ショート・小林滉人など軽快な動きを見せており、個々の能力は高いのが印象的だった。一冬開けて日体大荏原がどのような姿に変わるのか。春以降の戦いから目が離せない。

(記事=田中 裕毅)