昨秋8強の共栄学園がコールド勝利で代表決定戦へ!6番・東野に3本の適時打!

2回裏、同点の適時打を放った6番・東野 雄志(共栄学園)

 昨秋8強入りを果たすも、今夏は3回戦で涙をのんだ共栄学園がコールド勝利で秋の初戦を飾った。

 上の代のチームを経験しているのは4番・遊撃手の石黒 颯人主将のみという共栄学園。初の公式戦に、「試合序盤は緊張で体が硬い選手が多かった」と原田健輔監督はこの試合を振り返った。

 試合は、多摩大聖ヶ丘が先制する。2回表、二死二塁の場面で7番・藤崎浩太郎の中前適時打で1点が入った。

 だがその裏、無死二塁で6番・東野雄志の中前で同点に追い付く。4回には先頭の7番・中島優希が中前に落ちる二塁打で出塁し、8番・遠藤陽人が送りバントを決め一死三塁の場面で、9番・渡部太朗のスクイズで逆転に成功した。

 中盤は両チーム無得点で1点差のまま試合が進み、多摩大聖ヶ丘は7回表に一死満塁の好機に1番・山田晃瑛の中前適時打で同点に追いついた。

 ここから、共栄学園打線に火が付く。同点に追いつかれた直後の7回裏には、5番・後藤大翔が同点打を放ち、6番・東野の本日2本目の逆転の2点適時打などで4点を奪う。8回にも3点を追加し、7回7点差コールドで勝利を収めた。最後の得点も東野が3本目の適時打で決め、5打数3安打4打点活躍。勝負強さが光った。

 この結果に東野は「ポイントが前になりすぎないように、ティー打撃の練習では右足の前付近で捉えるようにしています」と打撃での意識を教えてくれた。

 今年のチームは昨年の投手陣を率いた渡辺 璃空、清水 一眞のような選手はいないというが、原田監督は「自分たちができることをやっていくだけです」と都大会出場に向け21日に行われる都立目黒戦に標準を定める。

(記事=編集部)