中京大中京が辛抱の再逆転で粘る至学館を下して決勝進出

再逆転の口火を切った中京大中京・上野くん

 勝てば、東海地区大会進出が決まり、来春のセンバツ甲子園へ一歩近づくことになるだけに大事な試合となる秋季県大会の準決勝。至学館の麻王義之監督、中京大中京の高橋源一郎監督はどちらも中京大中京(麻王監督時代は中京)から中京大出身で先輩後輩対決となる。

 中京大中京は初回、簡単に二死となった後、桑垣君が右線へ原君が中越へ連続二塁打してあっさりと先制する。しかし、その後は石川君が抑えていく。3回に失策と二塁打で一死二三塁となると、ここで至学館のマウンドには左腕清水君が立つ。清水君が左サイドからのクセ球で切り抜けていく。そして味方の反撃を待つことになるのだが、4回至学館はミラクルぶりを破棄する。

 この回一死から双子の山岡兄弟が四球と安打でチャンスメイクすると、この日スタメン起用された秋山君が2ストライクと追い込まれながら、一振した打球はそのままスタンドに飛び込む逆転の3ランとなった。至学館としては、この試合で初めてと言っていいくらいのいい当たりだったが、それがそのままスタンドインしてしまうのだからミラクルだ。

 しかし、中京大中京も5回にすぐに四死球などでチャンスを貰い、満塁から押し出しで1点を返す。ただ、そこから至学館の清水君もよく粘って4番、5番の中軸に対して粘りの投球で連続三振を奪った。このあたりは、清水君の投球もミラクル感たっぷりだった。

 術中にはまっていくと、だんだん苦しくなる中京大中京だったが、6回に流れを変えた。

 この回先頭のチーム唯一の1年生上野君が起用に応えて左中間二塁打で出ると、バントで進め二死後内野の送球ミスが出てラッキーな形で同点になる。その後も、失策と細江君と杉浦君の連続長打でこの回3点を奪い逆転。さらに、7回には3人目となった山本君から4番原君が中前横を破ってランニング本塁打を放ち突き放す。

 至学館は8回に山岡聖弥君の左前打で1点を返すもののそこまでで、結果的には9回に中京大中京がさらに2点を追加して突き放した。

 どちらかと言うと至学館が苦手と言われていた中京大中京だったが、高橋監督は「何回か負けてきている中で、至学館が何をやられたらいやなのかということがわかってきました。だから、今日は敢えて相手が嫌だろうなと思うことをやっていきました」という戦い方だった。そして、今のチームに対しては、「先輩たちが残してくれたものを引き継ぎながら、選手たちは自分たちの力を確認しながら一つひとつ前へ進んでいると思う」というように、試合を重ねながらチームの成長を感じている様子だった。

 また、至学館の麻王監督も「見せ場はいくつか作れたんですけれども、力の差はありましたね。それでも、この学年同士で練習試合したこともあったんですけれども、その時の大敗からはだいぶ縮まっていると思うので、また次へ向けて励んでいかれると思う」とチームへの期待を抱いていた。

(取材=手束 仁)