浦和学院がライバル花咲徳栄を1点差で下し3年ぶりの春制覇

金田優太(浦和学院)2点タイムリー二塁打

 埼玉県営大宮公園野球場の決勝戦、浦和学院と花咲徳栄、埼玉の2強が決勝戦で相まみえた。両校の関東大会出場は既に決まっているため、秋、春の決勝はあくまで関東大会の順位決めの試合であり消化試合感は否めないがGW中ということもあり、昨日に続き外野が解放されるなど観客が大挙押し寄せた。

 まずスタメン、浦和学院はピッチャーの所を入れ替えた以外は不動のオーダー、一方の花咲徳栄もピッチャーの所と7番・鹿野 亮太(3年)に代え、加藤 大地(3年)をスタメン起用した以外は不動だ。

 そして先発は花咲徳栄が背番号14の右腕・柿沼 晃希(3年)、一方の浦和学院は何とエース宮城 誇南(2年)が登板し試合が始まる。

 先制したのは浦和学院だった。

 2回裏、この回先頭の吉田 瑞樹(3年)が死球で出塁すると、続く三奈木亜星(3年)の所ですぐさま二盗を決める。一死後、6番・藤井 一輝(3年)がライト越えのタイムリー二塁打を放ち1点を先制する。

 花咲徳栄は2回で柿沼を諦め3回からは左腕の熊倉木由(2年)がマウンドへ上がる。

 浦和学院は4回裏、花咲徳栄の2番手・熊倉を攻め、一死から7番・高松 陸(3年)がサード強襲ヒットを放ち出塁すると、続く宮城の送りバントが内野安打となり一死一、二塁とチャンスが広がる。ここで9番・金田 優太(2年)が右中間へ2点タイムリー二塁打を放ち3点差をつける。


浜岡陸(花咲徳栄)タイムリー

 一方、花咲徳栄の反撃は6回表、打順が3巡目を迎え浦和学院・宮城を徐々に捉え始める。この回先頭の秋山 貫太(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く川腰 瑠一(3年)の三遊間寄りのサードゴロ(記録は内野安打)をサードが一塁へ悪送球を放り無死二、三塁とチャンスが広がる。

 ここで2番・飛川 征陽(3年)がセンター前へ2点タイムリーを放ち1点差とすると、さらに続く浜岡 陸(3年)もセンター前へポトリと落ちるヒットを放ち無死一、二塁とチャンスを広げる。その後は浦和学院・宮城の踏ん張りに遭い二死一、三塁とチャンスは萎むが、花咲徳栄は6番・澤口 滉(3年)が追い込まれた所でダブルスチールを仕掛ける。だが、本塁憤死し2点でこの回の攻撃を終える。

 1点差とされた浦和学院はその裏、5回から登板した花咲徳栄の3番手・連投の金子 翔木正(2年)に対し、この回先頭の宮城が四球を選び出塁すると、二死後、吉田 匠吾(3年)が四球を選び出塁すると、続く八谷 晟歩(2年)がライト前ヒットを放ち二死一、三塁とする。ここで3番・松嶋 晃希(3年)のファーストゴロがタイムリーエラーとなり4対2とする。

 対する花咲徳栄も8回表、前の回からマウンドに上がった浦和学院2番手・三奈木を攻め、この回先頭の秋山がレフト前ヒットを放ち出塁すると、一死後相手のワイルドピッチで一走・秋山が二塁へと進む。二死後、3番・浜岡が高めのボール球を叩くと、打球はライト前タイムリーとなり1点差とする。だが、後続が続かず反撃もそこまで。

 浦和学院が4対3で花咲徳栄を退け3年ぶり春の埼玉県大会優勝を決めた。

 まずは浦和学院だが、今大会はとにかくエース宮城に尽きるであろう。

「ここ数年選手達が勝ち上がるということに慣れていないので」
と森監督も大会序盤に言っていたが、大会序盤はコロナの影響もあり苦戦の連続も宮城が踏ん張り、打線も正智深谷戦で爆発すると、そこからは一戦一戦例年通りの強打の浦和学院打線に戻るなど最後に帳尻を合わせた。

 前回の昌平戦でも述べたが、終盤2試合は疲れからか、ヒット浴び、失点を喫する場面もあったが、地区予選から7試合全てに登板し42イニングで被安打21、与四死球3、奪三振43、自責点4は立派な数字だ。特に40イニング以上を投げ与四死球3は驚異的な制球力であろう。


宮城誇南(浦和学院)

 関東大会は作新学院が相手であり、おそらく宮城が投げるであろうが、彼はまだ2年生である。夏以降の事を考えるとやや不安だ。今大会はやや投打に精彩を欠いたが、一昨年秋の新チーム結成時は旧チームのエースで4番であった三奈木の復調や小田部の復活などが関東大会や夏に向けてどこまで宮城を助ける存在になれるかが鍵であろう。

 一方の花咲徳栄だが、敗れたダメージは少ない。というのも今大会は最初からノーバントという制限をかけ大会に臨んでいる。しかも夏の再戦もあり得る浦和学院戦で、自分達は出遅れているエース高安、松田 和真(3年)、堀越 啓太(3年)の140kmトリオを相手に見せず、浦和学院のエース宮城、三奈木の2枚看板の球筋を見る事に成功した。

 夏の事を考えても収穫の多いゲームだったのではなかろうか。関東大会では東海大甲府、勝っても連戦で佐野日大という厳しい日程になっており、練習試合を含め投手陣が長いイニングを投げていないことが唯一の不安材料だ。おそらく継投になるであろうが、継投でどの投手が関東レベルの相手にも通用するか見極める大会になるであろう。

 そして今大会の総括であるが、まずは今大会の特徴として挙げられるのは南部地区の躍進である。最多の8校がシードを取り、北部、東部が4校、西部地区がゼロとなった。その極端な差が夏にどう響くか。聖望学園、川越東、山村学園などを含めた西部地区の反撃にも期待したい。そして冬場の緊急事態宣言の影響もあり、どのチームも冬場から春先の練習をまともに行えなかった。その中で、大会序盤特に感じたのは投手の投げ込み不足である。投手の頭数を揃えられないチームがエースに委ね、頼みのエースが80球〜100球を迎える所で急にガス欠を起こす場面が散見された。

 しかも、現在も埼玉県はまん延防止等重点措置が適用され、練習時間が制限され、練習試合や合宿が行えない状況が今も続いている。行えるのは公式戦だけである。夏に向けてとても投手陣の立て直し、攻撃面の強化、守備力の向上などのすべての底上げを行うことは無理である。時間がないだけに、どのチームも短い時間でどこを強化するのか取捨選択を求められている。例年以上に夏は仕上がりに差が出そうだ。

 最後に、今大会は観客を入れた状況で無事に終わらせることができたことを、高野連の方々含め運営に携わった全ての方々のご尽力に感謝したい。夏の大会を迎える頃に、COVID-19がどのような局面を迎えているかは不透明であるが、この新3年生は特にその煽りを喰った学年で、文化祭、修学旅行、体育祭など学校行事は何一つ行われていない。

 それだけに、どの監督もとにかく夏も無事に開催し3年生には最後に良い思いをさせてあげたいというのは共通していた。それは筆者も同意見だ。「最後は3年生に良い思いを」。これは高校野球に携わる関係者にとって例年以上に合言葉となりそうだ。

(取材=南 英博)