両チームの2年生投手の活躍が光る!

先発・平野順大(京都国際)

 昨秋は府3位だったが、春は優勝を果たし、戦いぶりに盤石さが出てきた京都国際と全国トップクラスの強力打線・智辯学園だ。お互い、2年生投手の活躍が光った試合だった。

 京都国際の先発・平野 順大の武器といえば、高回転のストレートだろう。常時130キロ〜135キロなのだが、それ以上と感じさせるストレートの伸びに、強力打線・智辯学園打線が振り遅れていく。このストレートを投げるポイントとして平野は「下半身の使い方をしっかりと意識します。下半身でためた力をしっかりと上半身に伝えるイメージで投げます」と語るように、歩幅が広く取った投球フォームから打者よりで離す投球フォームは三浦 銀二(福岡大大濠-法政大)を彷彿とさせる。120キロ前半のスライダーを交えながら、よりストレートを速く見せる投球に智辯学園打線が対応に苦戦していた。

 リードする京都国際の正捕手・中川も「今までと比べてボールの勢いかあって、直球で押す投球を心懸けました」と直球中心のリードで5回まで1安打ピッチング。味方も押し出しと犠飛から2点を先制する。

 6回裏、智辯学園は粘り強い攻撃でチャンスを作り、途中出場の谷口 綜大がつまりながらも右前適時打を放ち、ついに同点に追いつく。三浦は6回まで6奪三振、被安打3、2失点。前回の試合で、15得点を取った超強力打線・智辯学園相手にこの投球は大いに評価できるものであり、捕手の中川も「自信をつけられる投球だったと思います」と褒め称えていた。



2番手・大坪 廉(智辯学園)

 智辯学園も2年生左腕の藤本 竣介。近年の智辯学園では珍しい長身のサイドハンドで、腕を長く使って振り抜く技巧派。ストレートは125キロ〜132キロ程度なのだが、110キロ前半のスライダーが急激に曲がり、特に右打者のボールゾーンからストライクゾーンで見逃し三振を奪ったバックドアのスライダーは舌を巻くものがあった。2回に制球を乱し、失点をしてしまったが、この投球スタイルのまま、アベレージで5キロ〜10キロの球速アップできれば、ドラフト候補として注目される可能性は十分にある。

 さらに6回からリリーフした大坪 廉も上背はそれほどないが、コンパクトにまとめる投球フォームから常時130キロ〜133キロの直球と120キロ前半のスライダーを飄々と投げ分ける投球はリズミカルだった。

 そして7回裏から京都国際は2番手に森下 瑠大が登板。森下は選抜から見違えるような成長を見せている。左オーバーから投げ込むストレートは常時135キロ〜138キロを計測。コンパクトなテークバックから鋭く腕を振り出す投球フォームは以前よりも鋭さを増しており、選抜時から130キロ前半だったことを考えると、かなりの成長を見せている。

 京都府大会で最速140キロを計測した森下はこの試合で何度も138キロを叩き出しており、その速球能力は本物だ。リードする中川も「春季大会から明らかにストレートの勢いが変わっていて、投球の幅が大きく広がりました」と成長ぶりを語る。8回裏にエラーから2点を失うが、2回を投げ2奪三振、無失点の好投。さらに打者としても三塁打を放ち、投手としても、打者としても才能がすぐれた逸材として、2022年度のドラフト候補として注目されるのは間違いない内容だった。

 この試合、スラッガー・前川 右京が注目されたが、それ以上に両校の2年生投手コンビの活躍が光った。将来の成長が非常に楽しみだ。

(取材=河嶋 宗一)