「まだまだ伸びる」元プロ指揮官も期待を込める2年生右腕の快投で千葉経大附が初戦突破

渥美亮太(千葉経大附)

 復活の兆しを見せている千葉経大附と、伝統的にしぶとい野球を見せる船橋東の一戦。

 2回まで無得点。3回裏、千葉経大附は、一死満塁のチャンスから敵失で一気に三者生還。4番小野 拳聖がレフトへ痛烈な二塁打を放ち、4点目を入れた。

 千葉経大附のエース・渥美 亮太は船橋東打線を5回まで無失点に抑える好投。コンパクトなテークバックから振り下ろす直球は常時120キロ後半〜130キロ前半を計測。手元で球威ある直球で船橋東打線を完璧に抑え込んでいた。この冬にはボールの回転数を増やすことを意識し、球威で押す投球ができていた。

 城東ボーイズ出身で、当時は外野手がメインだったという。元西武の打撃コーチを務めた森博幸監督によると入学当初はあまり目立つタイプではなかったようだが、コツコツと努力をして、這い上がった投手だという。
「コツコツとやってきた投手で、順調に成長を見せてきました」と元プロの指揮官も努力家のエースを称える。

 6回表から秋で主戦投手として活躍した左腕・高木柊希が8回に1点を取られ、なおもピンチを迎える。ここでレフトを守っていたエース・渥美がマウンドに戻り、ピンチを防ぐ。追加点を入れたい千葉経大附は1番崎山博音の適時二塁打で1点を追加し5対1とした。そして9回表、1点を追加されるが、見事に逃げ切り、初戦突破を果たした。

 エースの好投に森監督は「まだまだ伸びる投手」と期待を寄せる。次の東京学館戦ではどんな投球を見せるのか。

(取材=河嶋 宗一)