優勝争いも十分期待できる試合運び 市立船橋が快勝

森本 哲星(市立船橋)

 市立船橋vs市立松戸。どちらも実力の高い選手が揃い、この日のメインカードといっていい試合だ。

 市立松戸の先発は140キロを超える速球を投げ込む瀧本 将生ではなく、センターと投手を兼ねる石原 裕太が先発だ。石原はゆったりと足上げから振り下ろす右のオーバーハンドで、常時130キロ〜135キロの直球、スライダー、カーブを織り交ぜ打たせて取る投球。

 一方、市立船橋の先発・森本 哲星(2年)はじっくりと自分の間合いで投げる投手。テンポが早い高校生投手と比べるとゆったりとしているが、ピンチの場面でも自分のストレートをグイグイと投げ込む度胸の良さがある。体の使い方が実にシャープで、鋭く体を旋回をさせて真っ向から振り下ろす投球フォーム。常時130キロ〜135キロ(最速138キロ)の直球は実に威力があり、120キロ近いスライダーで翻弄する。

 先制したい市立船橋は3回裏、一死二塁から1番松丸 澄也の左前適時打で1点先制。二塁走者の無駄のない走塁も見事だった。そしてなおも一死二、三塁になったところで投手交代。エースの瀧本が登板。しかし市立船橋は3番・森本 哲太(2年)が137キロのストレートを振り抜き、左中間真っ二つの適時三塁打で、3対0トリードを広げる。その後、寺島 颯人(3年)の犠飛で4点目。その後はタイムリーエラーから2点、さらにバッテリーミスから1点を加え、7対1とした。

 失点を喫したものの、瀧本は迫力あるボールを投げ込んでいた。左足を高々とあげながら、内回りのテークバックをしながら、真っ向から振り下ろすオーバーハンドだ。常時130キロ中盤〜138キロの直球は球威があり、以前と比べると130キロ後半を投げる頻度は多くなった。5.2回を投げて7奪三振と、実力ある姿は見せてくれた。

 市立船橋は7対1で逃げ切ったが、選手のレベルは非常に高い。シートノックからのボール回しはただ素早いだけではなく、次のプレーを意識したものが多く、内野手のグラブ捌き、外野手の送球の強さなど県内トップレベルのものを示してくれた。3番森本 哲太の強肩、ベースランニング、対応力が高い打撃センス、強肩捕手・片野 優羽は第1打席のヘッドが下がり気味のスイングから修正して、インサイドアウトで鋭い打球を連発。また、1番松丸も俊足巧打のセンター。投手のレベルも高く、選手層の厚さは県内トップレベル。優勝争いも十分期待できる試合運びだった。

(記事=河嶋 宗一)