初回にビッグイニングを作った滋賀学園が比叡山との大一番を制す

 優勝候補同士の対戦となった滋賀学園対比叡山。初回に大量点を奪った滋賀学園が勝利を収めた。

 比叡山は「テンポが良く、制球には苦労しない」(河畑成英監督)という理由から背番号16の右横手投げ・中村 快都(3年)を先発に起用した。しかし、一死一、三塁から4番・鈴木 蓮(2年)に先制の右前適時打を浴びると、その後も制球が定まらず、失点を重ねていく。結局、押し出し四球で4点目を与えて、なおも二死満塁という場面で降板。「一回りでも抑えてくれたら」という河畑監督の思惑からは大きく外れてしまった。

 いきなりの窮地でマウンドに上がったのはエースの桐山 倫太朗(3年)。何とか相手の勢いを止めたかったが、こちらも準備不足から連続押し出し四球で追加点を許してしまう。初回だけで6失点と比叡山にとっては重すぎるビハインドとなった。

 しかし、秋の準決勝で滋賀学園相手に0対8から7対9まで追い上げた経験を持つ比叡山に悲壮感はなかった。大会屈指の好投手である阿字 悠真(3年)に対して、序盤から自慢の攻撃力を発揮する。

 2回裏に7番・上田 隼磨(3年)が左中間に適時二塁打を放つと、3回裏には2番・田村 隼豊(3年)の左越えソロ本塁打が飛び出す。4回裏にも9番・桐山の左前適時打で1点を加え、3点差まで詰め寄った。

 2回以降は徐々に比叡山に流れが傾きつつあったが、ストレートを狙い打たれていた阿字が、5回以降はチェンジアップやスプリットを効果的に使いだし、5回以降はスコアボードに0を並べていく。これまではストレート勝負を続けて、痛打される場面もあったが、「ちょっと大人になったんじゃないですかね」と山口達也監督も認めるクレバーさで比叡山の攻撃を交わした。

 秋の滋賀学園戦で先発して3回途中7失点とノックアウトを喫した桐山は「雪辱の試合だったので、勝つしかないと思っていました」と2回以降を1失点に抑える力投を見せたが、打線が反撃しきれず、リベンジすることはできなかった。

 大一番を制した滋賀学園はベスト8進出。ここまでの2戦は阿字が完投したが、今後の戦いでは他の投手の活躍も必要になってくる。総力戦で12年ぶりの夏の甲子園出場権を掴み取れるだろうか。

(文=馬場 遼)