この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

土壇場の粘りで蘇った正智深谷が延長10回サヨナラで県大会へ

板橋楽玖(伊奈総合)

 上尾市民球場の第二試合は地区のシード校・正智深谷と伊奈総合との一戦となる。先発は正智深谷が青柳悠成(2年)、一方の伊奈総合は1年生左腕・板橋楽玖が登板し試合が始まる。

 試合は終盤もつれる展開となる。先制したのは正智深谷であった。

 正智深谷は初回、やや緊張感の漂う伊奈総合・板橋の立ち上がりを攻め、先頭の清水幸之介(2年)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、一死後、3番・波田野椋太(2年)、4番・下島立幹(2年)が連続四球を選び一死満塁とする。正智深谷ベンチは続く五十嵐航大(2年)の所でスクイズを仕掛けると、これが相手のエラーを誘い1点を先制する。だが、その後の一死満塁のチャンスを後続が逃し1点でこの回の攻撃を終え、伊奈総合・板橋に立ち直るきっかけを与えてしまう。

 一方、伊奈総合の反撃は打順が二巡目を迎える3回表、この回先頭の茂木士竜(1年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く黒澤颯太(2年)も四球を選び無死一、二塁とする。さらに一死後、相手ワイルドピッチで一死二、三塁とチャンスを広げると、二死後3番・栗原浩希(2年)がセンター前へ2点タイムリーを放ち逆転に成功する。

 勢いに乗る伊奈総合は3回表にもこの回先頭の泉天翔(2年)がレフト前ヒットを放ち正智深谷の先発・青柳をマウンドから引きずり降ろすと、2番手左腕・大加田尚希(2年)に対し、続く板橋がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、7番・中島大和(2年)がレフト前ヒットを放ち二死一、三塁とすると、続く茂木も四球を選び二死満塁としチャンスを広げる。マウンドには正智深谷のエース、左サイドの五十嵐が上がるが、五十嵐の代わり端に9番・黒澤が押し出し四球を選び3対1とする。

 その後は伊奈総合・板橋、正智深谷・五十嵐と両投手の踏ん張りもあり、試合は膠着し終盤まで進む。

 迎えた最終回、再度試合が動く。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



田邉サヨナラ打

 9回裏、正智深谷はやや疲れの色が見え始めた伊奈総合・板橋に対し、この回先頭の田中駿汰(1年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く山田陽一(2年)も四球を選び無死一、二塁とする。さらに代打・今井仁(2年)がきっちりと送り一死二、三塁とした所で、伊奈総合のマウンドにはエースの島崎優太(2年)が上がる。だが、島崎もこの流れを止められない。

 正智深谷は代打・田邉尚人(2年)が四球を選び一死満塁とチャンスを広げると、続く清水がきっちりと犠飛を放ちまず1点、さらに二死一、三塁から2番・野口大輝(1年)が起死回生の同点タイムリーを放ち3対3の同点とし試合は延長戦へと進む。

 こうなると、流れは正智深谷である。

 まずは10回表、正智深谷は足を攣っていたエース五十嵐に代わり、4番手・木村一輝(1年)が伊奈総合打線を無失点で抑えると、その裏、この回先頭の荻野三玖(1年)が四球を選び出塁すると、続く田中に対しても2ボールとなる。伊奈総合ベンチはたまらずマウンドに3番手・金光進二(2年)を送るが、結局田中は四球を選び無死一、二塁とする。7番・山田陽がきっちりと送り一死二、三塁とすると、続く木村一は申告敬遠で歩き一死満塁とする。最後は9番・田邉が三塁線へゴロを放つとこれが内野安打となりサヨナラで県大会出場を決めた。

 まずは、伊奈総合だが、先発の板橋は良く投げた。初回のピンチを最少失点で凌ぎ、逆転した後は好守備を連発するなど、終始伊奈総合ペースのゲームであった。悔やむべくは、相手エースの五十嵐が登板以降、打線の勢いを止められてしまったことか。特に8,9回の攻撃は共に10球前後で三者凡退とあまりにもあっさりとした攻撃で無得点に終わり、相手に流れを渡してしまった形となった。
「準備の質を高めないと。8,9回の攻撃一人でも走者を出していれば。そういう意味では勉強になった試合。今後はまず投手陣を整備します」
と、五十嵐監督も試合後悔やんでいたが、満を持してマウンドに上がったエース島崎も流れを止められなかった。とはいえ、投打に力のある選手は多い。この日の敗戦を生かし、試合の終わらせ方など経験値を積むと面白い存在になり得る。

 一方の、正智深谷は
「危なかった。受けるなとは言っていたんですが。五十嵐は7回時点で足が攣っていたんですが、8,9回はそれが功を奏した。ただあそこが限界かなと」
と、田中監督も試合後言っていたが、辛うじて勝利を拾った形だ。エース五十嵐が嫌な流れを食い止めたことが最終回の反撃を呼んだ。五十嵐はインステップでサイドハンドから投球する変則左腕だが、足の上げ方や投げるタイミングを微妙に変えるなど、自分で工夫することができる投手だ。おそらく、こういう投手は強豪校が嫌がるタイプであるだけに、正智深谷は県大会でも、そのエースの投球を生かし波乱を巻き起こす存在となるか。

(取材=南 英博)