この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

好左腕・吉川が8奪三振零封。浦和麗明がコールドで初戦突破!

吉川

 やや風の強くなってきた埼玉県営大宮公園野球場の第二試合は、好左腕吉川を擁し秋は初の県大会出場となる浦和麗明vs熊谷商である。

 先発は浦和麗明・吉川悠斗(2年)、熊谷商・金井颯太(2年)と両エースが登板し試合が始まる。

 浦和麗明・吉川は、日本航空・ヴァデルナ投手に似たタイプで、一定のテンポでMAX137kmの直球を飄々と投げ込んでくる今年の埼玉を代表する左腕だ。一方の熊谷商・金井は旧チームのエース星名に似たフォームから投球する右腕だ。まだ、直球は星名の域までは達していないが、安定したフォームであり四球で大崩れするタイプではなさそうだ。

 まず熊谷商打線は初回、立ち上がりやや不安定な浦和麗明・吉川を攻め、先頭の吉村勇輝(1年)が四球を選び出塁すると、続く長谷川大輝(2年)もフルカウントまで粘るが、ボール球を打ち上げてしまう。それでも、3番・白木澤星凪(1年)がライト前ヒットを放ち一死一、二塁とするが後続が倒れ無得点に終わる。

 一方の浦和麗明は2回表、この回先頭の田木海晴(2年)が死球で出塁すると、続く金子智哉(1年)の犠打が悪送球を誘い無死二、三塁とする。ここで3番・岩澤周太郎(2年)がレフト前タイムリーを放ちまず1点、さらに続く野澤将吾(2年)がきっちりと送り一死二、三塁とすると8番・吉川が右中間へ2点タイムリーを放ち3点を先制する。

 一方、熊谷商の反撃は4回裏、二死から5番・髙橋希(2年)がレフト前ヒットを放つと、続く飯塚涼介(1年)も死球で出塁し二死一、二塁とする。さらに7番・長谷川真也(2年)のショートゴロが相手エラーを誘い二死満塁とチャンスは広がるが後続が凡退し無得点に終わる。

 突き放したい浦和麗明は、5回表この回先頭の吉川がライト越えの二塁打を放ち出塁すると、一死後1番・松島大翔(2年)がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げる。一塁走者・松島はすぐさま二盗を決め一死二、三塁とすると、二死後3番・蓮實悠人(1年)はライトフライを放つが、風の影響もあったかライトが目測を誤り落球する間に2点を追加する。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

 浦和麗明はなお、一死一、二塁から熊谷商業の2番手・石川涼太(2年)を攻め、5番・金子が四球を選び、一死満塁とチャンスを広げると、続く岩澤も押し出し四球を選ぶなど浦和麗明はこの回3点を奪い6点差をつけ試合の大勢は決した。

 浦和麗明は7回表にも一死から蓮實が二塁打を放ち出塁すると、続く田木がセンター前タイムリーを放ちコールドペースに持ち込む。

 投げては浦和麗明・吉川が、その裏のピンチも凌ぎ、結局被安打4、8奪三振無失点でまとめる。浦和麗明が7回コールドで熊谷商を下し初戦突破した。

 まずは熊谷商、決して点差ほどの差は両校に感じなかったが、
 「5回表の落球は風の影響もあったと思うので致し方ないが、次の1点という状況で大きなエラーとなってしまった。吉川君に対しては右打者の外のボールや変化球、左打者で言えば吹かすボールの見極めということで試合に入ったんですが、初回の攻撃が全てだったかなと。やるべきことを徹底できるよう春までに取り組んでいきたい」(新井監督)
 と、この日は攻守で試合の流れに影響するミスが出てしまった。とはいえ、投手陣は決して悪くないだけに、来春までの課題は打線の底上げか。

 一方の浦和麗明、旧チームからメンバーが大きく入れ替わった新チームの現状ではエース吉川がチームを引っ張る形となる。

 「夏以降長いイニングを投げるために変化球の制球が良くなってレパートリーが増えた。ただ今日は前回登板時より変化球は良かったが直球のコントロールが定まっていなかった。新人戦で他の投手が打たれて負けて、自分がちゃんとしないとっていう意識はしています。(ヴァデルナ投手について)監督からも彼の投球を参考にしなさいと言われ参考にしている。今大会はベスト8以上を目指したい」
 と、向上心の高い吉川はエースとしての自覚も芽生え先を見越している。この日は決して万全という投球ではなかったが、それでも最後まで投げ切り無失点で切り抜けた。今後上位進出という所を考えると他の投手の登板も考えられるが、大黒柱のいる浦和麗明が今大会どこまで勝ち進むかまずは注視したい。

(取材=南 英博)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています


金井
田木
蓮實右飛もその後落球