この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

川越東打線が西武台投手陣を攻略しベスト8進出

伊藤(川越東)

  越谷市民球場 の第二試合はMAX143km右腕・渡邊新太擁する西武台と川越東との一戦である。

 まずスタメンだが、川越東は6番に大野 弘高(2年)が復帰、一方の西武台は前の試合5番の一郷 瑠輝(2年)を3番に、6番の杉本 誉士(1年)を5番に上げ、青山 廣大(2年)を6番へ下げる。

 先発は川越東がエース左腕・伊藤 匠海(2年)、一方の西武台は背番号1の右腕・福本 将平(2年)が登板し試合が始まる。

 先制したのは川越東であった。

 川越東は初回、西武台・福本の立ち上がりを攻め、一死から2番・神保 直希(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く小林 舜(2年)も四球を選び一死一、二塁とする。さらに4番・白水 大陸(2年)の内野ゴロの間に走者がそれぞれ進塁し二死二、三塁とすると、続く渡邊 航大(2年)がサードへのタイムリー内野安打を放ちまず1点、さらに6番・大野のサードゴロがタイムリーエラーとなり、川越東が幸先良く2点を先制する。

 西武台も2回裏に反撃を開始する。4番・渡邊、5番・杉本が連続四球を選び無死一、二塁とするが、続く青山が送れず三振を喫すると、7番・内藤 暖稀(2年)も併殺に倒れ無得点に終わる。

 一方の川越東も3回表一死から3番・小林が四球で出塁すると、続く白水がライト前ヒットを放ち一死一、二塁とする。だが、5番・渡邊が併殺に倒れ無得点に終わる。

 このあたりは、両校流れの引き合いとなる。

 西武台は5回裏、この回先頭の代打・太田 誉(1年)が死球で出塁すると、続く福本がきっちりと送り一死二塁とする。さらに相手パスボールで二走・太田が三塁へ進むと、1番・金田 幸大(1年)も四球を選び一死一、三塁とする。ここで続く岩本大湖(2年)がきっちりと犠飛を放ち1点差へ詰め寄り前半戦を終える。

 川越東は5回で伊藤を諦め、2番手に右サイドの1年生・名取 由晃をマウンドへ送る。



神保(川越東)

 後半、最初にチャンスを掴んだのは川越東であった。6回表、一死から4番・白水がショートへの内野安打を放ち出塁すると、二死後6番・大野がレフト線へ二塁打を放ち二死二、三塁とするが後続が倒れ無得点に終わる。

 迎えた7回表、川越東は一死から9番・名取が四球を選び出塁すると、西武台ベンチは4巡目を迎え相手の上位打線の左打者が多いということもあり、ここで先発・福本を諦め、2番手に左腕の岩崎 寛太(2年)へスイッチする。だが、この継投をきっかけに試合が動く。

 川越東は岩崎の代わり端を攻め、一死一塁から1番・種田太一(2年)のセーフティーバントが相手の野選を誘い一死一、二塁とすると、続く神保がライト前タイムリーを放ちまず1点、神保がすかさず二盗を決め一死二、三塁とすると、3番・小林がレフト線へ2点タイムリー二塁打を放ち5対1とする。さらに、続く白水が申告敬遠で歩き一死一、二塁とすると、5番・福島惇也(2年)がセーフティーバントを決め一死満塁とし岩崎をマウンドから引きずり降ろす。代わった3番手・渡邊に対しても続く大野がきっちりと犠飛を放つなど、結局、川越東はこの回打者一巡の猛攻で一挙4点を奪うビックイニングとし6対1と西武台を突き放す。

 それでも、西武台はその裏、この回先頭の内藤がライト線へ二塁打を放ち出塁すると、内野ゴロ2つで1点を返す。

 だが、川越東は最終回、好投手・渡邊を攻めこの回先頭の白水がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く福島がきっちりと送り一死二塁とする。ここで6番・大野がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とすると、大野はすぐさま二盗を決め一死二、三塁とする。ここで続く石川 了雅(1年)がレフト前へ2点タイムリーを放ち8対2としダメを押した。

 投げては6回からマウンドに上がった名取が強打の西武台打線を3安打1失点に抑える好投を見せる。

 結局、13安打を放った川越東が西武台を8対2で下しベスト8進出を決め、来春のシード権を獲得した。

 まず西武台、この日先発・福本は良く投げていた。悔やむべくは2番手・岩崎が誤算であったことと、序盤からやや守備が乱れ、相手のペースで試合をしてしまったことか。スクランブル登板となった渡邊も、この日は本来の出来ではなかった。とはいえ、西武台の打線は埼玉で既に上位の破壊力を秘める。渡邊も完全復活となれば、来春以降はさらなる威力のストレートを投げていることであろう。彼の今後に注視して行きたい。

 一方の川越東は、
 「先発の福本君は良いピッチャーでした。初回に2点を取られてもああやってゲームを作るのがエースなんだぞとうちの選手達にも伝えていた。7回に2番手で登板してこなかったので渡邊君が本調子ではなかったのかなと、少し気の毒ではありました。伊藤は打たせて取る投球を心掛け良く投げた」
と、野中監督もまずまずの評価をしたエース伊藤は、試合勘が戻っていなかった前回の復帰登板を経て、今回は強打の西武台打線を5回2安打1失点に抑えるなど、ここへ来て登り調子である。打線もまずまずと良い状態でベスト8に臨めるが、次の相手はシード校・花咲徳栄である。川越東にとってはチャレンジゲームとなる。昨秋の浦和学院戦同様の大物食いなるか。

(取材=南 英博)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



5回岩本犠打で1点差

種田(川越東)

川越東応援