この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

優勝候補・浦和学院、打ち勝って準決勝進出!

宮城誇南(浦和学院)

 曇天の中行われた県営大宮球場の第一試合はAシード・浦和学院vs大宮東との一戦である。

 まずスタメン、大宮東は不動のスタメン、一方の浦和学院は打順やメンバーが前の試合からかなり変わっている。相手が左ということもあったか1番に八谷 晟歩(2年)を据え、大内 碧真(2年)を2番に上げ、前の試合2番の金田 優太(2年)は3番に、3番であった高山 維月(2年)を5番に下げる。6番には藤野 航(2年)が入り、9番には江口英寿(1年)が入る、地区予選の初戦に近いオーダーとなった。

 先発は浦和学院・宮城 誇南(2年)、大宮東・清水 慶斗(2年)と両エース左腕が登板し試合が始まる。

 試合は初回から激しく動く。
 まず、大宮東は初回、浦和学院・宮城の立ち上がりを攻め、先頭の菊谷伶央(2年)が四球を選び出塁すると、続く渡邉健翔(1年)がきっちりと送り一死二塁とする。3番・木村 壮吾(2年)がレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とすると、続く山岸大悟(2年)もレフト前へタイムリーを放ちまず1点、さらに二死後、6番・桑野倖成(1年)が死球で出塁し二死満塁とすると、続く押山隼太(2年)がセンター前へ2点タイムリーを放ち、大宮東が3点を先制する。

 対する浦和学院もその裏すぐに反撃を開始する。
 二死から3番・金田がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く伊丹一博(2年)もライト前ヒットを放ち二死一、二塁とする。5番・高山もレフト前ヒットを放ち二死満塁とすると、続く藤野がファースト強襲の2点タイムリーを放ち1点差とする。

 浦和学院は2回裏にも、この回先頭の宮城がライト線へ二塁打を放ち出塁すると、続く江口がきっちりと送り一死三塁とする。ここで1番・八谷がきっちりと犠飛を放つなど浦学院は2回で3対3の同点に追いつく。

 3回以降は浦和学院・宮城のボールが走り始め、尻上がりに調子を上げて行く。一方の大宮東・清水だが、ボール自体は来ているのだが、勝負所での制球が甘い。

 案の定浦和学院は3回裏、二死から高山がレフト線へ二塁打を放ち二死二塁とすると、続く藤野がセンター前タイムリーを放ちまず1点、代わった2番手・左サイド吉田昴生(2年)に対しても、7番・鍋倉和弘(2年)がライトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち5対3と逆転に成功する。

 これで流れを掴んだ浦和学院は、5回裏にも一死から6番・藤野が三塁線を破る二塁打を放ち出塁すると、続く鍋倉がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とする。8番・宮城が死球で出塁し一死満塁とすると、二死後、1番・八谷がレフト前へ2点タイムリーを放ち7対3とし大宮東・吉田をマウンドから引きずり降ろす。

 代わった3番手・髙橋亮匡(2年)に対しても浦和学院は攻撃の手を緩めず、二死一、二塁から2番・大内、3番・金田が連続四球を選ぶなど押し出しで1点を追加し5点差とする。



清水慶斗(大宮東)

 一方、大宮東の反撃は6回表、この回先頭の髙橋大地(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く髙橋亮の犠打が相手野選となり無死一、二塁とする。さらに、7番・押山がバスターでライト前タイムリーを放ち1点を返すが、押山は二塁を欲張り挟殺されてしまう。それでも大宮東は一死三塁から続く今井琉稀(2年)がスクイズを決め8対5とする。

 追い上げられた浦和学院はその裏、一死から藤野がセンター前ヒットを放ち出塁すると、二死後、8番・宮城がサード強襲ヒットを放ち二死一、二塁とする。ここで代打・大勝朱恩(2年)がレフトへポトリと落ちるタイムリーを放ち1点を追加する。

 それでも粘る大宮東は8回から登板した二番手・右サイド・金田の代わり端を攻め、この回先頭の山岸がライトフェンス直撃の三塁打を放ち出塁すると、二死後、7番・押山がレフト前タイムリーを放ち再度3点差とする。

 だが、浦和学院はその裏、再登板したエース清水に対し、この回先頭の高山がセカンドゴロエラーで出塁すると、続く藤野がきっちりと送り一死二塁とする。ここで7番・鍋倉は打球を頭に受け負傷退場するが、代わった喜屋武夢咲(1年)も死球で出塁し一死一、二塁とする。8番・宮城がライト越えのタイムリー二塁打を放ちまず1点、二死後、2番・大内もセンター前二点タイムリーを放ち12対6とし試合の大勢は決した。

 粘る大宮東は最終回も二死一、二塁から4番・山岸がセンター前タイムリーを放ち1点を返すが後続が倒れ万事休す。

 結局、浦和学院が両校28安打を放つ乱打戦を12対7で制し準決勝進出を決めた。



犠飛を放つ八谷

 まずは大宮東。
 「宮城君に関してはまず外の球を捉えて次は中に来るぞっていうバランスで、追い込まれたらバスターでゾーンを上げて三振を取られないようにと臨んで序盤はできていたんですが、この日はピッチャーが。相手の二死からの打線の粘り強さはうちにはない部分」と、河西監督も振り返ったが、この日浦和学院の二枚看板宮城、金田から11安打7点を奪うなど、打線は本来の力を見せた。特に追い込まれてからバスターで対応し低い打球を心掛けた序盤の攻撃は見事であった。

 誤算だったのは大宮東が誇る投手陣か。左3枚が強打の浦和学院打線にことごとく捕まってしまった。特に1回裏二死一、二塁2ストライクから釣り球が中途半端な高さとなり打たれ、さらに満塁で2ボール2ストライクから内角の直球が微妙な判定の結果ボールとなり、フルカウントから外角の直球を狙い打たれてしまった初回の攻防が大きかった。ここを大宮東バッテリーが乗り切れれば試合間隔の空いていた浦和学院のその後の展開も少し変わっていたであろう。バッテリーの今後の成長に期待したい。

 一方の浦和学院は、この日も17安打と打線が振れている。
 「新チームのテーマが左投手対策と打力強化で、この代は右打者にキーになれる打者がいて、さらに左打者も左投手を苦にしなくなった。また打力強化についても新チーム結成時は吉田 匠吾や三奈木亜星などの3年生のボールがなかなか打てなかったが、最近は普通に打てるようになりました」と、森監督もチームの成長を感じている。
 この日のタイムリーもほとんど二死からと粘り合いになっても負けていない。初回いきなり3点のビハインドにも慌てることなく、序盤で逆転すると、その後は相手の執拗な粘りに遭いながらも最後までセーフティーリードを保ったまま試合を終えた。

 特に印象に残ったのは、7番の鍋倉。左打者ながら左サイドの投手に対し、この日も目の覚めるような打球で右中間フェンス直撃の三塁打を放つなど好調を維持している。「ここ数年は中距離打者がほとんどな中、まだ粗い部分もあるが久々の長距離砲」と首脳陣も期待を込める。この7番・鍋倉に、この日4安打の6番・藤野、今夏から好調を維持している8番・宮城が前後に並ぶダブルクリーンアップとも言える布陣は相手にとって脅威だ。とはいえ、この日は鍋倉がインコース高めの抜けた球を強引に打ちに行き、顔に打球を当て負傷交代すると、宮城も左手に死球を受けるなど、準決勝へ向けやや不安材料が残る。幸い2人とも大事には至らないそうだが、次の相手は公立の雄・上尾だ。強打の浦和学院打線の真価が問われる。

(取材=南 英博)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています