この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

塔南のエース・野原が4安打完封で龍谷大平安を下す

野原元気(塔南)

 公立で唯一8強入りしている塔南が龍谷大平安を破って、近畿大会出場に王手をかけた。

 塔南の先発は野原 元気(2年)。「ストレートのキレが良くて、変化球の調子も良かった」と最速140キロのストレートに加え、スライダーやスプリットといった変化球も冴え、5回二死まで無安打に抑える。5回に初安打を打たれてからも落ち着いた投球を見せ、龍谷大平安打線に的を絞らせなかった。

 対する龍谷大平安先発の久門 晨平(2年)は右打者の外へのスライダーと内へのツーシームを有効に使い、塔南打線を翻弄。捕手の伊藤 愛都(2年)が盗塁を刺すなどバックも好守で久門を盛り立て、こちらも得点を許さない。

 試合が大きく動いたのは8回裏、龍谷大平安は2本の安打などで一死満塁のチャンスを作り、3番の辻村 大我(2年)を打席に迎える。この試合で初めての大ピンチを迎えた野原だったが、「攻めのピッチングをして、ストレートで押していきました」と2ボール2ストライクからストレートで投手ゴロホームゲッツーに打ち取り、この局面を乗り切った。

 こうなると流れは完全に傾く。9回表に先頭の1番・野原が中前安打で出塁すると、その後、二死一、二塁となり、5番・藤井 倖稀(1年)がライトの頭上を越える2点適時二塁打を放ち、待望の先制点を挙げる。ここから塔南は四球を挟んで6連打と怒涛の猛攻を見せ、一気に6得点。試合の大勢を決定づけた。

 大量援護をもらった野原は最後まで集中した投球を見せ、4安打完封。京都を代表する名門を打ち破った。

「兄の時も平安に負けていたので、勝てて嬉しいです」と話した野原。3歳年上の兄・大地さんも塔南のOBだが、3年夏に準々決勝で龍谷大平安に敗れて甲子園の夢を絶たれていた。それだけに特別な相手だと感じており、この試合に懸ける思いは強かった。

 強敵を倒して近畿大会出場まであと1勝に迫った塔南。「近畿大会にはなんとか行きたいです。この最中ですから公立校の代表だと思って、頑張りたいと思っています」と野口知紀監督は意気込む。緊急事態宣言が出ている中で、公立校は練習や試合が制約されている。公立校の星がそうしたハンデを乗り越えて、近畿大会への切符を掴み取ることができるだろうか。

 敗れた龍谷大平安は3年ぶりのセンバツ出場が絶望的になった。「投手があれだけ頑張っているんだから、打者が何とか投手のためにという思いを持って野球をやらないと」と原田英彦監督は野手陣への奮起を求めていた。今年は苦しい戦いが続いたが、選手個々の能力は高い。来年こそは投打が噛み合った野球を見せてほしいところだ。

(記事=馬場 遼)