夏の甲子園準優勝の智辯学園が秋の奈良大会を制す

ランニング本塁打を含む4打数4安打1打点の活躍を見せた松本大輝(智辯学園)

 夏の決勝と同じ組み合わせとなった智辯学園と高田商の一戦。夏と同様に智辯学園が勝利し、2年ぶり19回目の優勝を果たした。

 智辯学園は1回表、二死二塁から4番・高良鷹二郎(1年)がピッチャー強襲の適時二塁打を放ち、1点を先制。この時、高田商先発の中村真実(2年)が右膝に打球を受けたが、治療を経てどうにか復帰することができた。

 智辯学園の先発は技巧派左腕の藤本 竣介(2年)。「本来のピッチングをしてくれた」(小坂将商監督)とスライダーが冴え、5回まで1安打の快投を見せる。

 追加点が欲しい智辯学園は6回表、一死から1番・松本 大輝(1年)がセンター前に安打を放つ。この打球を中堅手の東口虎雅(1年)がダイレクトで前進して捕球しようとするが、追いつけず、打球は東口の後ろを転々とする。その間に松本が一気に本塁を陥れ、ランニング本塁打でリードを2点に広げた。

 追いつきたい高田商は二死一、二塁から3番・紺井大輝(2年)の左前適時打で1点を返すが、反撃はここまで。7回から登板した2番手の大坪 廉(2年)を打ち崩すことはできなかった。

 智辯学園は8回と9回に3番・酒井 優夢の適時打で追加点を挙げ、5対1で勝利。1位で近畿大会出場を決めた。

 夏の甲子園準優勝の主力が大量に抜けたが、松本や高良といった1年生野手が台頭。投手では春に場数を踏んだ藤本と大坪がエース格として頼もしい働きを見せている。

 1位で近畿大会に出場するが、「近畿大会に行っても16番のつもりでしっかりやりたいと思います」と小坂監督は謙虚な姿勢を崩さない。ランニング本塁打をはじめ、全打席出塁を果たした松本は「出塁ができたので、チームに貢献できたと思います。もっと力をつけて、近畿大会に挑みたいと思います」と意気込む。まだまだ伸びしろのあるチームの今後の戦いが楽しみだ

(記事=馬場 遼)



2安打3打点の活躍を見せた酒井優夢(智辯学園)

6回裏に適時打を放った紺井大輝(高田商)

優勝した智辯学園の選手たち