この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

明秀日立・猪俣が直球の「緩急」を武器に2失点完投

明秀日立先発・猪俣駿太

 山梨学院が待つ決勝を目指し、明秀学園日立と木更津総合が激突した。明秀学園日立はエース・猪俣 駿太が先発。対して木更津総合は金綱 伸悟が今大会初マウンドに上がる。金綱の出来が試合展開に大きく影響すると思われたが、それが的中する。

 試合が動いたのは2回、明秀学園日立は二死一、二塁から、二塁ランナー・佐藤 光成が金綱のモーションを完全に盗み、三盗を決める。これで二死一、三塁にすると、今度は一塁ランナー・小久保 快栄がスタートを切り、一、二塁間で挟まれている間に佐藤が生還。明秀学園日立が足で先取点を奪った。

 すると3回には、1番・本坊 匠の二塁打で2点目を奪い、なおも一死一、三塁と追加点のチャンスで、石川 ケニーの内野ゴロの間に3点目。強打に加えて細かい攻撃で得点を奪い、リードを広げる。

 2点を返されて3対2で迎えた6回には、4番・武田 一渓がライトスタンドへ突き刺すホームランで4対2。さらに7回にも追加点を奪い5対2と、木更津総合・金綱からヒット9本、3四死球で明秀学園日立がリードを奪った。

 明秀学園日立・猪俣は、前半5回までで2点を失ったが、後半は安定した投球だった。7回二死一塁で、木更津総合1番・山田 隼を136キロの真っすぐで打ち取ったように、通常は130キロ前半に抑えつつも、要所では130キロ後半を計測するストレートと変化球を組み合わせて、木更津総合打線を封じた。

 猪俣は最後まで投げ切って完投。明秀学園日立が5対2で木更津総合を下した。

 地元・茨城の1位校の意地を見せ、決勝戦まで勝ち上がった明秀日立。原動力となっているのは、エース・猪俣だろう。県大会よりコンディションがベストに整わない状況が続きながらも、トレーナーとコミュニケーションを取りながら、毎試合調整を続けてきた。

 その状況で強打・木更津総合打線を6安打2失点に抑えたことは、自信につながる結果と言っていいだろう。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



勝った瞬間にガッツポーズする明秀日立・猪俣駿太

 この好投を支えるのはストレートの強弱ではないだろうか。
最速142キロを計測する真っすぐだが、常に全力投球というわけではない。ランナーがいない場面などでは、130キロ前半にスピードを抑えてカウントを整える。勝負どころでは、130キロ後半から140キロまでギアを上げて空振りを奪う。ストレートの中でもメリハリをつけた投球が、この試合の結果に結びついたといっていいだろう。

 この投球について、「打者の反応などを見極めながら、キャッチャーと話し合いもしてやるようにしています」と打席の入り方、ボールに対する反応など、些細なところから観察して、力加減を判断しているそうだ。

 練習試合のなかで、旧チームの時であれば先輩。そして新チームから捕手と監督と会話をする中で自身の経験値として蓄積し、引き出しを増やしてきたことで、感覚を磨いてきたという。先発として長いイニングを投げるという意味でもペース配分は必要な要素だが、その能力があることを証明する勝利だった。

 角度を活かした力強い真っすぐだけではなく、冷静な投球術も併せ持つ猪俣。決勝戦は、ここまで切れ目のない打線を武器に勝ち上がった山梨学院が相手だ。関東大会で対戦した健大高崎、木更津総合とも少し違ったタイプの打線となるだろう。

 ここまでの疲労が心配されるが、関東優勝、そして神宮大会出場には、猪俣の力が必要になるだろう。猪俣が決勝の舞台でも躍動することを楽しみにしたい。

 木更津総合・五島監督は試合前、「猪俣君は長身なので見上げることなく、上から叩いていきたい」と話していた通り、低い打球を飛ばすなどして一時は1点差まで詰め寄った。しかし後半で点差を広げられ、追撃することができなかった。

 また中軸に当たりがあったものの、その前にランナーを溜めることができず、点数に結びつけられなかったのが苦しかった。

 先発の背番号10の金綱も、ボール先行のカウントになることが多く、リズムを作れなかった。130キロ後半の真っすぐに、切れ味鋭い変化球を持ちながらも、強打の明秀日立の前に慎重になってしまった印象がある。なかなか木更津総合のペースを作ることができなかった。

 関東大会優勝とは成らなかったが、初戦の帝京三、準々決勝・東海大相模に競り勝った自信と経験は、間違いなく来春以降に活かされてくるだろう。

 明秀学園日立戦の敗戦も例外ではない。大型投手、強力打線との対戦を糧に、一回り逞しくなった木更津総合を見られることを期待したい。

(取材=編集部)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



ホームランを放った明秀日立・武田一渓

木更津総合先発・金綱伸悟

木更津総合バッテリー