この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

投打の主軸が活躍・興南

興南・平山

 興南は1回裏、二死三塁から4番・盛島 稜太(2年)のレフト前タイムリーで先制した。

 2回裏は二死から8番・平山航多(1年)がレフトオーバー三塁打で出塁。9番・野里悠介(1年)のレフト前タイムリーで追加点を挙げた。

 3回以降は追加点が奪えなかった興南だったが6回裏、先頭の4番・盛島がホームランで突き放す。

 7回裏は一死二、三塁として2番・仲程 雄海(1年)が犠牲フライを放ち、返球が乱れる間に二走・禰覇 盛太郎主将(2年)も生還し、貴重なダメ押し点を挙げた。

 日章学園は9回表、無死一、二塁とチャンスを作って最後の意地を見せたかったが、併殺に打ち取られ本塁が遠かった。

 先発の1年生左腕・平山は散発5安打、8奪三振で完封した。平山の好投、4番・盛島が2打点と、投打の主軸が活躍した興南が8強入りを決めた。

(取材=政 純一郎)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



興南併殺

興南・平山