智辯和歌山、小刻みな継投策で大阪桐蔭に勝利 最後は148キロ右腕が締める

武元一輝(智辯和歌山)

<春季近畿地区高校野球大会:智辯和歌山3−2大阪桐蔭>◇29日◇決勝◇紀三井寺運動公園

 春の決勝として、智辯和歌山vs大阪桐蔭の顔合わせは4年ぶりとなる。

 大阪桐蔭の連勝を止めたのは、昨年夏の甲子園王者、智辯和歌山だった。あらためて打線の破壊力、対応力が全国トップクラスであることを証明した。

 1回表、1番・山口 滉起外野手(3年)が大阪桐蔭先発の前田 悠伍投手(2年)から、いきなり先頭打者本塁打を放つ。その後、2本のヒット、四球で満塁のチャンスを作り、敵失から2点を追加し、いきなり3点をリードする。大阪桐蔭の前田は常時140キロ前半〜144キロと球速もかなり出ており、ミットに突き刺さるような切れ味抜群の速球を投げていた。さらに変化球も、スライダー、チェンジアップの精度も悪くない。多少、コントロールに苦しんでいたところはあったが、センバツの時点ならば圧倒できていた内容だった。

 しかし、智辯和歌山打線は前田の直球にしっかりと対応し、変化球もしっかりと見極めることができていた。前田相手にここまで前に飛ばすチーム、見極めをしてヒットゾーンに打てるチームは、なかなかない。

 前田にも対応できる力を持った打線だった。主将の岡西 佑弥内野手(3年)は「凄い投手ですし、集中して反応で打ち返す。そんなイメージで打席に立っています」

 投手陣は小刻みな継投リレーで大阪桐蔭打線を抑えた。先発した左腕・吉川 泰地投手(2年)は120キロ台の直球に変化球を織り交ぜて3回を2失点で乗り切った。4回は130キロ前半の速球とスライダーで勝負する右腕・西野 宙投手(3年)が無失点に抑え、5回に登板した左腕・橋本 直汰投手(3年)は130キロ前後の速球とキレの良いスライダーで勝負し、淡々と1イニングを無失点に抑えた。この3投手の働きが勝利に大きく結びついたといえる。

 小刻みな継投策について中谷監督は「武元、塩路だけでいっても配球の引き出しがなくなるのが、私と捕手の渡部との共通見解でした。なので、こういう継投になりました」

 智辯和歌山投手リレーの1番手〜3番手の力量からすれば、センバツで優勝した時の大阪桐蔭打線ならば、あっさりと攻略してもおかしくない。初回に3点をとったことで、若干相手打線に焦りを与え、なおかつ捕手の渡部 海(3年)のメリハリが効いた配球も効いた。さらに鍛えられた内野、外野の守備も大きかった。岡西主将は「投手陣は、みんな頑張ってくれたと思います」と感謝した。

 6回表からは満を持して148キロ右腕・武元 一輝投手(3年)が登板した。それまでの投手の速球の平均が125キロ〜130キロぐらいだったが、いきなり145キロをマーク。常時140キロ〜145キロで、手元のスピードガンでも143キロをマークするなど、明らかに威力が違った。ここまで回転数を測る機会があり、2450回転を記録したという。ジャイロ回転気味な球質という特徴も分かった。

 スライダー、カットボール、カーブ、スプリットと多彩な変化球でも勝負し、打者に立ち向かった。その中でも、120キロ後半のフォーク、カットボールが効果的だった。力で押し切って、ついに9回。2死から大飛球を打たれたが、最後はレフトの好捕もあり、智辯和歌山が16年ぶり3度目の近畿大会優勝を決めた。

 大阪桐蔭相手に4回無失点の好投を見せた武元は「分かっていても打たれないストレートを求めている中で、今日はそのストレートを内外角に出し入れして、さらに低めに変化球を投げる。それができていたと思いますが、まだ甘い球も多く、課題が多く見つかった大会でした」と振り返った。

 高回転の140キロ中盤の直球を終盤まで投げられるスタミナに加え、制球力、変化球の精度を高めれば、ドラフト上位候補として推される存在となるだろう。

 貴重な勝ちゲームで、17人が試合に出場した。まさに全員野球で勝ち取った近畿大会優勝。この成功体験は間違いなく、ナインの成長を加速させる。

2年生世代No.1左腕・前田悠伍、高校初の負け投手に。課題は見つけても、凄みは見せた

前田悠伍投手(大阪桐蔭)

<春季近畿地区高校野球大会:智辯和歌山3−2大阪桐蔭>◇29日◇決勝◇紀三井寺運動公園

 大阪桐蔭の連勝が「29」でストップした。嫌な流れがあった。

 初回、先頭打者本塁打とエラー絡みで3失点。これで反撃ムードに乗るのは難しい。強力な智辯和歌山投手陣を最後まで打ち崩すことができなかった。色々と課題が出た試合。夏までどう生かすかが鍵になる。

 2年生世代でNO.1左腕と称される前田 悠伍投手が先発したが、初回の点の取られ方はあまり見たことがないものだった。いきなり先頭打者本塁打。さらに失策絡みで2点を失い、計3失点。結果的に9安打も打たれ、センバツで見せた圧倒感はない。

 前田の状態は悪いかというと決してそうではなく、むしろセンバツよりもパワーアップしていた。球場表示で最速144キロをマークし、手元のスピードガンでは最速143キロをマーク。終盤でも140キロを連発しており、速球の威力は落ちていなかった。さらに120キロ後半のスライダーと120キロ中盤のチェンジアップには切れ味があり、コーナーへ突くことができていた。

 前田は初回の投球スタイルを悔やんだ。

「初回は智辯和歌山打線を様子見といいますか、慎重に入りすぎて、力のある球を投げることができなかった。途中から修正できたのですが、最初から100%の力で行くべきだったと思います」

 高い制球力を誇る前田も、ホームランを打たれてからはボール球も多かった。これも流れかもしれない。智辯和歌山打線はレベルが高く4三振しか奪えなかったが、終盤でも厳しいゾーンに投げて、得点を与えなかった。

 前田は「自分でこれまでの連勝を止めてしまったといっても過言ではないので、もう一度、投球パターンの入りとして、初回から100%でいくなど見直していきたい」と反省を口にした。ただ、1年秋から公式戦を経験して「自分のピッチングができれば、それほど失点することはない」という確信は持てた。

 センバツからパワーアップし、140キロ超えが多くなるなど、着実にレベルアップしている。さらに攻略困難な左腕になるためにも「必然」の一敗だったかもしれない。


集合写真(智弁和歌山)

(記事:河嶋 宗一)

【先攻・智辯和歌山】

1番(左)山口 滉起外野手(3年)
2番(中)中西 陸外野手(3年)
3番(捕)渡部 海捕手(3年)
4番(右)青山 達史外野手(2年)
5番(三)岡西 佑弥内野手(3年)
6番(一)中塚遥翔内野手(2年)
7番(二)坂尻 翔聖内野手(3年)
8番(投)吉川泰地投手(2年)
9番(遊)山田 久敬内野手(3年)

【後攻・大阪桐蔭】

1番(三)伊藤 櫂人内野手(3年)
2番(右)谷口 勇人外野手(3年)
3番(捕)松尾 汐恩捕手(3年)
4番(一)丸山 一喜内野手(3年)
5番(中)海老根 優大外野手(3年)
6番(二)星子 天真内野手(3年)
7番(遊)鈴木 塁内野手(3年)
8番(左)大前 圭右外野手(3年)
9番(投)前田 悠伍投手(2年)