千葉学芸、自慢の堅守と成長中の2年生左腕の快投で、Cシード・千葉黎明を撃破!

先発・四釜臣典(千葉学芸)

トーナメント表
・千葉大会の勝ち上がり

関連記事
・戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

日程・結果一覧
・千葉TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

<第104回全国高校野球選手権千葉大会:千葉学芸3−2千葉黎明>◇14日◇3回戦◇袖ケ浦

 両校の対決は昨夏4回戦の再現で1点を争う好勝負となった。千葉学芸は1回裏に敵失、2回裏には1番黒嵜の適時打で2対0とした。3回表には千葉黎明が8番金澤内野手(3年)の本塁打で1点を返したが、4回裏には千葉学芸が8番を打つ鈴木 結翔内野手(3年)の本塁打で3点目。しかし5回表、千葉黎明も犠飛で1点を返し、3対2で5回を終えた。

 結局、千葉学芸は堅い守備で守りきり、Cシード・千葉黎明を下し、昨年夏に負けたリベンジに成功。4回戦進出を決めた。

 昨年の千葉学芸には有薗 直輝内野手(日本ハム)、板倉 颯汰内野手(東京農業大)のようなスラッガーがいたが、今年はいない。そのため今年は3点以内に抑える守備型の野球を目指してきた。

 千葉学芸の先発・四釜臣典投手(3年)は、昨年のエース・北田 悠斗投手(名城大)を参考にしているような投手であった。本人によると、自己最速は130キロ。決して球速は速くないが、スライダー、カーブ、カット系の変化球を織り交ぜ、打たせて取る投球が武器。外野守備もポジショニングを意識しながら守っている。四釜は北田が在籍時、多くのことを学んだ。

 「同じ左腕投手ということで憧れていました。北田さんからは変化球の握り、体の使い方、打者の狙いを見ての配球パターンなどを学びました」

 投球フォームは入学時、縦回転の強い投球フォームだったが、横回転を意識した投球フォームにして、体重移動がよくなり、最速が130キロに到達した。また、打者の雰囲気を見ながら、何を攻めるべきか考えた。

 「千葉黎明の打者は長打力のある打者が多いので、内角に変化球を投げて詰まらせることを意識しました」

 結果として、113球、被安打4、奪三振6、四死球2、2失点完投勝利。バックも無失策で四釜を盛り立てた。高倉監督は「選手たちにはどの相手でも自分たちの野球をやり抜こうと伝えてきました。今日はそれが実践できて嬉しかったです」と選手たちをたたえた。

 完投勝利の四釜については「投手はスピードではなく、コントロールや、変化球の精度が大事になります。今年は四釜が一番でしたので、この試合に合わせて調整をしてきました。よく投げてくれました」と高倉監督はエースの好投を評価した。

 手堅いチームへ成長した千葉学芸。4回戦以降の戦いにも注目が集まる。

千葉屈指の本格派右腕 惜敗も後半に立て直し、12奪三振の快投

伊東賢生(千葉黎明)

トーナメント表
・千葉大会の勝ち上がり

関連記事
・戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

日程・結果一覧
・千葉TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 県内屈指の右腕として評判の千葉黎明・伊東 賢生投手(3年)。伊東の魅力といえば、最速142キロの速球と抜群の切れ味を誇るスライダーだ。

 千葉学芸戦では満を持して先発となったが、立ち上がりに、ややばたついていた。1回裏にはエラー、2回裏にはコースに甘く入ったところを打たれて、適時打を許した。4回裏には高めに浮いたカーブを思い切り振り抜かれ、ソロ本塁打を許し、序盤で3失点。直球の勢い、変化球の精度は悪くないのに、要所で甘く入っていた。伊東は「調子が上がらないところはありましたので、後半で気合を入れて投げました」と語るように、5回裏以降の投球のエンジンの入りが凄かった。

 スライダーの割合を減らし、ほとんどが速球中心。内外角、低めに伸びのある直球を投げ込み、さらにスライダーに狙い球を絞っていた千葉学芸打線に対し、直球とあまり変わらない球速で勝負できるシュートで勝負した。

 「スライダー対策として踏み込んでいく打者が多かったので、内角シュートでしっかりと攻めることができました。これまではストレート、スライダーしかなかったので引き出しが増えたのは成長点だと思います」

 5回から8回まで4イニングで7奪三振。計12奪三振と、前評判通りの実力を示すことができた。

 中野大地監督も「これまでと比べても、9イニング通してどう投げるのか、抑えるのか。それを感じる投球でした。今回は負けましたが、今後の野球人生に生きる投球でした」とエースの力投を評価した。

 練習姿勢もよく、まだまだ伸びしろたっぷりの逸材。今後の成長が楽しみだ。

(取材=河嶋 宗一)