3番・坂元の2ランで逆転・国分中央

トーナメント表
・鹿児島大会の勝ち上がり

関連記事
・神村学園、鹿児島城西を軸に優勝争い 大島の春夏甲子園は?

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会

日程・結果一覧
・鹿児島TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 <第104回全国高校野球選手権鹿児島大会:国分中央5−3松陽>◇15日◇3回戦◇鴨池市民

 前半5回までは点の取り合いだった。

 1回裏、国分中央は3番・坂元樹生(3年)の左越え二塁打で先制する。2回は2死二、三塁として2番・富田航世(3年)の右前適時打で2点目を挙げた。

 直後の3回表、松陽は1死一、三塁で技ありの重盗を決めて1点を返すと、4回は先頭の4番・丸田奎吾(3年)が中越え三塁打で出塁。5番・山下魁斗(3年)の中前適時打で同点に追いつき、7番・北原智樹(1年)の右前適時打で初めてリードを奪った。

 国分中央はここでリリーフにエース安藤奈々利(3年)を送る。後続を断って相手の勢いを止めると、5回裏に1死二塁で3番・坂元が右翼席に値千金の逆転2ランを放った。

 7回にも4番・宇都大樹(3年)の中前適時打で追加点を挙げ、安藤が5回以降は無失点で切り抜け、シード国分中央が接戦をものにした。

(取材=政 純一郎)