3点差、覆せず・国分

トーナメント表
・鹿児島大会の勝ち上がり

関連記事
・神村学園、鹿児島城西を軸に優勝争い 大島の春夏甲子園は?

日程・結果一覧
・鹿児島TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 <第104回全国高校野球選手権鹿児島大会:鹿児島実6−3国分>◇15日◇3回戦◇平和リース

 鹿児島実は1回裏、1死二、三塁とチャンスを作り、4番・永井琳(3年)の左前適時打、6番・駒壽太陽主将(3年)の犠牲フライで2点を先取した。

 2回表、国分は先頭の4番・西竹大悟(3年)のソロホームランで1点を返した。

 その裏、鹿児島実は2死から5連打を浴びせ、4番・永井の左前2点適時打、5番・植戸颯大(2年)の中越え二塁打で計4点を挙げた。

 3回表、国分は1死満塁で遊ゴロ。併殺と思われたが、一塁への悪送球で2者が返り、3点差に詰め寄った。

 激しい点の取り合いとなった序盤から、4回以降は一転して守り合いとなる。国分は立ち直ったエース竹之内拓巳(3年)から7回以降は新町倖生(3年)とつないで追加点を許さず。鹿児島実は久留須政壱(3年)、森山遼耶(3年)、松元龍生(3年)と小刻みにつなぎ、最後はエース赤嵜智哉(3年)が締めくくって3点差を守り抜いた。

(取材=政 純一郎)