プロ注目左腕の快投が逆転を呼び込む!市立船橋が千葉学芸を下し、三季連続ベスト8!

森本哲星(市立船橋)

トーナメント表
・千葉大会の勝ち上がり

関連記事
・戦国千葉は逸材多数!木更津総合のエース、市立船橋バッテリー、千葉黎明の本格派右腕など見所満載

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権 千葉大会

日程・結果一覧
・千葉TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

<第104回全国高校野球選手権千葉大会:市立船橋3−2千葉学芸>◇21日◇5回戦◇千葉県総合スポーツセンター

 昨春優勝の千葉学芸と今春優勝の市立船橋の対決は1点を争う好勝負となった。

 千葉学芸が1回表、4番高橋洵登外野手(2年)の左前適時打で1点を先制。更に3回表にも3番柴田優作内野手(3年)の適時打で2対0とリードしていたが、春の王者・市立船橋は6回裏に反撃。2死一、三塁から6番谷藤汰樹内野手(3年)が「ストレートをうまく打てました」と右翼線を破る適時三塁打を放って追いつき、7番田中の敵失でなおも1点を追加し、勝ち越しに成功する。

 投げては3番手の森本 哲星投手(3年)が快調な投球。常時130キロ後半(最速142キロ)の速球、切れ味鋭いスライダーを武器に無失点に抑える好リリーフ。市立船橋が春に続き、ベスト8進出を決めた。

 この日のMVPはプロ注目左腕・森本 哲星投手(3年)の快投に尽きるだろう。6回表、1死三塁とピンチの場面でマウンドに登った森本は2者連続三振を奪って、ピンチを切り抜ける快調な投球。

 常時130キロ後半〜142キロの直球は角度がある。さらに120キロ前半のスライダーは急角度で落ちていく球で、直球、スライダーのコンビネーションで3.2回を投げて、7奪三振と好リリーフで勝利を呼び込んだ。

 リードする片野 優羽捕手(3年)も
「ストレートも走っていましたし、特にスライダーのキレが良かったです」と女房役も称える好投だった。66球を投じたことを反省点に挙げていたが、文句なしの内容であった。

 準々決勝では、中央学院と対戦する。レベルが高いチームとなるが、しぶとい試合運びでベスト4入りを狙う。

 敗れた千葉学芸は2年生主体ながら、粘り強い試合運びでベスト16入り。高倉監督は「よくここまで戦えたと思いますし、次につながるナイスゲームでした」と選手たちを称えていた。

(取材=河嶋 宗一)