灼熱の神宮球場での強豪校対決!二松学舎大附 1年生・片井の本塁打などで帝京を破る

本塁打にガッツポーズの二松学舎大附4番・片井 海斗(1年)

トーナメント表
・東東京大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・第104回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

関連記事
・関東一のプロ注目外野手、帝京の大型打線、二松学舎大付の俊足強打の外野手など東東京も逸材揃い
・関東一、二松学舎大附が優勝筆頭格 11年ぶり優勝狙う帝京などに注目

日程・結果一覧
・東京TOPページ
・第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

<第104回全国高校野球選手権東東京大会:二松学舎大附7−4帝京>◇28日◇準決勝◇神宮

 東東京の3強の筆頭格の関東一が敗れ、3強のうち残る2校の帝京と二松学舎大附が激突。帝京は高橋 蒼人、二松学舎大附は辻大雅と、ともにエース格の投手が先発した。

 しかし高橋蒼は初回にいきなりつかまる。1回裏二松学舎大附は、1番・親富祖 凪人、2番・中川龍斗の連打に3番・瀬谷 大夢が送り、4番の1年生・片井海斗の幸運な内野安打で1点を先制したうえ、暴投もあり、1点を追加した。

 それでも帝京打線も強力だ。2回表に4番・大塚 智也、5番・飯泉康介の連打に、6番・戸田 和人が送り、7番・稲垣 渉の内野ゴロで1点を返す。

 帝京が追い上げムードになったが、その裏、二松学舎大附は1年生の4番打者・片井がレフトに本塁打を放ち、突き放す。「真っ直ぐ、高めのボール。振り切りました」と片井は語る。市原勝人監督も「パンチ力もある。逆方向へのナイスバッティングです」と称賛する。

 この一発が二松学舎大附への流れをかなり決定付けた。5回裏にも5番・柴田 怜英の左前適時打などで3点を追加。帝京は高橋蒼に代わり、佐久間光正を投入する。「高橋は単純に力不足です」と帝京の金田優哉監督は語る。

 二松学舎大附が押し気味の展開であるが、酷暑の中、二松学舎大附から足をつる選手が続出する。その流れの中、帝京は6回表に4番・大塚の本塁打などで追い上げる。二松学舎大附はこの回途中から投手を2年生の重川創志に交代する。重川は7、8、9回に帝京を無得点に抑え試合終了。7対4で二松学舎大附が勝ち、2年連続の甲子園を目指し、決勝に進出した。

 帝京は昨夏の準決勝に続き、二松学舎大附に敗れた。帝京野球部にとってこの1年は、ベテラン・前田三夫監督が勇退するなど激動の1年だった。跡を継いだ金田監督は、「プレッシャーはありました。強い帝京を作りたい」と語った。

 勝った二松学舎大附は日体大荏原との決勝戦に挑む。ともに準優勝が多いだけに、優勝への意識は高い。好ゲームを期待したい。

(取材=大島裕史)