國學院久我山 1年生・原と矢野の一発攻勢で逆転し、都大会出場

木津 寿哉(國學院久我山)

<秋季東京都高校野球大会1次予選:國學院久我山7−3安田学園>◇11日◇代表決定戦◇成蹊グラウンド

 昨秋優勝の國學院久我山と同ベスト16の安田学園という1次予選屈指の好カードは、安田学園が前半リードしたが、國學院久我山が後半底力をみせる展開になった。

 國學院久我山は木津 寿哉、安田学園は上甲和人という両エースが先発した。先取点を挙げたのは安田学園だった。3回表1死後、3番・福崎 光之佑が死球で出塁すると二盗に成功。さらに2死二塁から5番・平川蒼也は難しい回転の三ゴロ。これが内野安打になる間に、二塁走者の福崎が生還した。

 さらに4回表は1死一、三塁から2番・西村 凌空の投ゴロで三塁走者の飯塚幹太が飛び出し三本間に挟まれアウトになりチャンスは潰えたかと思われたが、3番・福崎の左前安打でさらに1点を追加した。

 國學院久我山は、安田学園の先発・横手投げの上甲にタイミングが合わず苦戦したが、5回裏この回先頭の5番・鈴木 勇司が中前安打で出塁し、犠打で二塁に進んだ後、8番・高橋 昂聖の中前安打で生還した。

 それでも、安田学園の上甲が踏ん張り、6回を終わって2対1で安田学園がリード。國學院久我山がリードを許して後半に入る。しかし、ここから國學院久我山が底力を見せる。口火を切ったのは1年生の4番・原 隆太朗だった。

 原はワンボールからの2球目をたたき、センター柵越えの本塁打を放ち、同点に追いついた。さらに5番・鈴木 勇司が左前安打で続き、安田学園は投手を西村凌空に代える。ここで1年生の7番・矢野 丈太郎が左翼ポール際に2点本塁打を放ち、國學院久我山が一気に逆転した。「打ったのはストレート。先に原が打ってくれたので楽になりました」と矢野は言う。春からベンチ入りしているが、本塁打は公式戦で初。練習試合を含めても2本目の一発であった。

 こうなると試合の流れは國學院久我山になる。この回さらに1点を追加し、8回裏も2点を加え、試合を決める。安田学園も粘り、9回表に4番・今井裕治の左犠飛で1点を返したが、反撃もここまで。7対3で國學院久我山が勝ち、都大会進出を決めた。

 安田学園はサインプレーで國學院久我山の走者を刺すなど、しっかり対策を練って試合に臨んだ。試合前半はその成果が出たが、後半で突き放された。「地力で久我山が上でした。惜しい試合だった、で終わりたくありません。勝たないと。長い冬になります」と安田学園の會田 勇気監督は言う。力のあるチームだけに、今後の成長に注目したい。

 逆に國學院久我山はミスもあったが、「100点をつけられるゲームはまだできません。勝てばいいです」と尾崎 直輝監督は言う。それでも新エースとなった木津は、変化球で打たせて取る投球で流れをつかみ、既に公式戦を経験している選手が多いので、リードされても慌てず、落ち着いて反撃の機会をうかがっていた。昨秋の優勝校がどう仕上げてくるか。新チームの進化は始まったばかりだ。

(記事=大島 裕史)