9回表に猛攻を見せた草津が逆転勝ち

9回表に2点適時打を放った清水陽斗(草津)

トーナメント表
・滋賀県大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・令和4年度 秋季近畿地区高等学校野球 滋賀県大会

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
・滋賀TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

<秋季近畿地区高校野球滋賀県大会:草津11−7北大津>◇11日◇2回戦◇今津スタジアム

 草津が逆転勝ちで北大津を下した。

 草津は2点を追う3回表、2死満塁のチャンスを作ると、5番・山口 提生(2年)の右中間への3点適時二塁打で逆転に成功。続く6番・村井 稜(1年)の適時三塁打で1点を加え、リードを2点に広げる。

 しかし、1点リードで迎えた6回裏に先発の荻野 貴獅(2年)がつかまり、6安打を浴びて4失点。一気に劣勢に立たされた。

 それでも諦めない草津は3点を追う9回表、無死満塁から3番・清水 陽斗(2年)の中前安打で1点差とすると、1死二、三塁から5番・山口の左前適時打で同点とする。さらに相手のバッテリーミスで勝ち越しに成功すると、その後も得点を重ねて、この回だけで7得点。土壇場で怒涛の猛攻を見せた。

 その裏はこの回から登板した3番手の増山 史(1年)が無失点で締め、草津が見事な逆転勝利を収めた。

 3回戦では強敵の彦根総合と対戦する。「どれくらい通用するのかを試す良い機会。何とか粘り強く戦いたい」と安田 智洋監督。逆転勝ちの勢いを次戦に持ち込むことができるだろうか。

(取材=馬場 遼)