日大藤沢・佐藤快司が4安打完封!6回まで無安打投球を演じ、実戦的な左腕へ成長!

佐藤快司(日大藤沢)

トーナメント表
・神奈川大会の勝ち上がり

県大会出場一覧
・神奈川県大会の出場全81校

大会の詳細・応援メッセージ
・令和4年度 神奈川県高等学校野球秋季大会

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
・神奈川TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

<秋季高校野球神奈川県大会:日大藤沢2−0相洋>◇17日◇準々決勝◇サーティーフォー保土ケ谷

 盤石な戦いを見せる日大藤沢と、4回戦で桐蔭学園を破り、勢いに乗る相洋との対決は、日大藤沢が2対0の完封勝利でベスト4入りを決めた。

 1回、日大藤沢は3番杉山大和外野手(2年)の適時打で1点を先制した。杉山は海老名シニア時代から通算20本塁打以上を記録していた強打者で、日大藤沢OBの牧原 巧汰捕手(ソフトバンク)に憧れ、日大藤沢に入学した。足、腕を同時に動かしてリズムを取るのが特徴で、ここまで通算15本塁打を記録している。174センチ、84キロとコンタクトタイプの打者が多い日大藤沢の中では貴重な左打者だ。

 日大藤沢の先発・佐藤快司投手(2年)はリズミカルな投球で相洋打線を抑える。直球は常時125キロ〜128キロと決して速くないが、球が高めに浮くことなく、しっかりと手元で伸びる直球を投げ込む。110キロ前後のスライダーも膨らみが小さく、打者の手元で鋭く曲がり、カーブもアクセントが効いている。

 突出した球はないものの、すべて高めに浮かず、ヒットにできる球がほとんどなかった。際どいコースにもしっかりとコントロールできるため、打ち崩しようがない。6回までノーヒットピッチングを演じる。

 佐藤の投球フォームを見て感じたのは、リリースのぎりぎりまで右肩が開かず、一気に腕が出ること。開きを抑えた動作をすると、結構、ぎくしゃくするが、佐藤の場合、実にスムーズに腕が出てくる。球が高めに浮かないので、打ちにくさを感じる投手ではないだろうか。その点、佐藤も意識しているようで、「開きを抑えて左腕がすっと出てくる投球フォームを意識しています」と語るように、自分のフォームのポイントを理解して投げているのが伝わる。下級生時代から経験を積んで、佐藤が投げている試合も何度か見ているが、かなり実戦的な部分で成長していて、好左腕と推せるものがあった。

 7回裏には、いきなり二塁打を打たれたが、ピンチでも慌てずに抑えることができていた。

 追加点を入れたい日大藤沢は8回、1死一、三塁から併殺崩れの間に1点を追加。貴重な2点目を入れた。

 佐藤は終盤、ピンチを迎えても、粘り強く投げ込み、4安打完封勝利を挙げた。佐藤は「序盤は良いリズムで投げることができたのですが、後半では制球を乱してしまい、反省点が残りました」と反省点を挙げ、準決勝へ向けて修正することを誓った。

 敗れた相洋は先発の大場 智仁投手(1年)が力投した。

 125キロ前後の直球とスライダーを丁寧に投げ分けた。力投の大場だけではなく、背番号1の中島翔人投手(1年)も120キロ前後ながら、スライダーの切れもよく、今後に期待が持てる投手だ。3番手の大谷 祇人投手(1年)もしなやかなフォームから最速136キロを計測する直球が持ち味の好右腕で、タイプが違う1年生投手3名が揃う布陣は24年夏まで楽しみといえる。将来性が高く、来年には140キロ台を計測するようになってもおかしくない。

 また各野手の動きもスピーディーで、外野手には強肩な選手も多く、鍛えられている印象がある。春までの成長が楽しみだ。

(取材=河嶋 宗一)