監督不在の智辯学園が強敵の奈良大附を下す

3回裏に逆転の2点適時三塁打を放った山崎漣音(智辯学園)

トーナメント表
・奈良県予選の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・令和4年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 奈良県予選

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
・奈良TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

<秋季近畿地区高校野球大会奈良県予選:智辯学園7−6奈良大附>◇17日◇2回戦◇ロートスタジアム奈良

 智辯学園は小坂将商監督が侍ジャパンU-18代表のコーチで米国に滞在中のため不在。上田耕平コーチを監督代行に立てて、奈良大附との初戦に臨んだ。

 先発の中山優月(2年)は順調な立ち上がりを見せるが、3回表に四球と失策で1死一、二塁のピンチを招くと、二塁ゴロで併殺を狙った際に遊撃手・今﨑大秦(2年)の一塁送球が悪送球となり、二塁走者が生還。嫌な形で先制点を許してしまった。

 打線は奈良大附の先発・右下手投げの長谷川直人(2年)を前に1回、2回と好機を作りながらも無得点に終わる。それでも3回裏に1死二、三塁のチャンスを作ると、6番・山崎漣音(2年)の右越え2点適時三塁打で逆転に成功。続く7番・高良鷹二郎(2年)も右犠飛を放ち、リードを2点に広げた。

 その後も互いに点を取り合う展開となり、5回を終えて5対2と智辯学園の3点リードで5回を終える。

 試合が動いたのは6回表。奈良大附は2死一塁から5番・前田陽輝(2年)の右越え二塁打に相手の失策が重なって1点を返すと、2死一、三塁から代打・桑田龍成(2年)の右前適時打で1点差とする。さらに一、二塁のチャンスで8番・立石涼太(2年)が中前適時打を放ち、ついに同点に追いついた。

 だが、智辯学園もその裏に2死満塁のチャンスを作ると、9番・山家拓人(2年)が右前2点適時打を放ち、勝ち越しに成功。奈良大附右翼手の野澤賜恩(2年)もライナー性の打球に対して懸命に飛びついたが、惜しくもグラブを弾く結果となった。

 勝利への執念を見せる奈良大附は8回表に桑田の左前適時打で1点差とすると、9回表にも2死一、二塁のチャンスを作ったが、最後は中山が前田を三振に打ち取り、ゲームセット。激闘を制した智辯学園が大一番を制した。

 監督代行の大役を務めた上田コーチは、「疲れました。勝てて良かったです」と安堵の様子。次戦からは帰国した小坂監督が指揮を執る予定だ。初戦にして最難関を突破した智辯学園。主将で正捕手の高良を筆頭に旧チームからの主力が多く残っており、この秋は是が非でも翌春のセンバツ出場をつかみたいところだ。

(記事=馬場 遼)