近江兄弟社が滋賀学園を下して4強進出

最後のアウトを取ってガッツポーズを見せる山田祿(近江兄弟社)

トーナメント表
・滋賀県大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
・令和4年度 秋季近畿地区高等学校野球 滋賀県大会

選手名鑑情報はこちら
・選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
・滋賀TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
・学校検索ページ

<秋季近畿地区高校野球滋賀県大会:近江兄弟社7−4滋賀学園>◇25日◇準々決勝◇皇子山

 近江兄弟社が滋賀学園を下して4年ぶりの近畿大会出場に王手をかけた。

 近江兄弟社は1回裏、2死一、三塁のチャンスを作ると、5番・山田 祿(2年)の中前適時打で1点を先制。対する滋賀学園は4回表に2死一、三塁から6番・酒井 健祐(2年)の右前適時打で同点とする。中盤まで互角の戦いとなり、一つのミスが試合の流れを大きく左右しそうな試合展開となった。

 そこで相手のミスに付け込んだのが近江兄弟社だった。5回裏に2死から遊撃手の失策で出塁すると、続く3番・松枝 陸玖(2年)の左越え適時三塁打で勝ち越しに成功。さらに相手のバッテリーミスで1点を加え、リードを2点に広げた。

 6回表には押し出し死球で1点差に迫られるが、7回裏にも相手の失策から1死一、三塁とチャンスを広げると、山田の中前適時打で1点を追加。続く6番・口分田 桔平(1年)も一、二塁から中前適時打を放ち、大きな追加点を奪った。

 さらに近江兄弟社は8回裏にも2点を追加。9回表には1死一、二塁から滋賀学園3番・岩井 天史(1年)に中越え2点適時二塁打を浴びるが、最後まで先発の山田が粘り強い投球を見せて4失点完投。強豪の滋賀学園に勝利して準決勝進出を決めた。

「ベストゲーム」とこの試合を評価した近江兄弟社の森地 道之監督。旧チームでレギュラーだったのは山田くらいで、「力はない」と指揮官が見ていたが、守りでは無失策、打撃でも11安打と攻守にソツのない試合運びを見せて勝利をつかみ取った。

 この1勝は選手の自信になることだろう。準決勝で対戦する彦根総合に対して経験値では下回るが、今回のような試合ができれば、勝機は見えてくるはずだ。

(取材=馬場 遼)