大阪桐蔭が逆転勝ちでセンバツ当確!彦根総合も見せ場を作る

先制打を放った4番ラマル(大阪桐蔭)

<秋季近畿地区高校野球大会:大阪桐蔭9−4彦根総合>◇30日◇準々決勝◇紀三井寺公園

 センバツ連覇を目指す大阪桐蔭(大阪)が滋賀1位の彦根総合を下して4年連続のセンバツ出場を確実にした。

 大阪桐蔭は1回表、2死二塁から4番に抜擢されたラマル ギービン ラタナヤケ内野手(1年)の左翼への適時二塁打で先制すると、続く5番・佐藤 夢樹内野手(2年)の左前適時打で追加点を挙げる。

 いきなり強さを見せつけた大阪桐蔭だが、その裏、彦根総合が世代No.1左腕の大阪桐蔭・前田 悠伍投手(2年)に襲い掛かる。北大津の監督時代に大阪桐蔭を破った実績がある宮崎裕也監督は「三振を怖がるな」と指示を出していたそうだ。選手はその期待に応え、2死一、三塁から5番・坂元 幸大外野手(2年)の左前適時打で1点を返す。さらにその後、連続押し出し四球で逆転に成功した。

 試合の流れをつかんだ彦根総合は3回裏にも2死三塁から8番・森田 櫂捕手(2年)が右中間に適時二塁打を放ち、リードを2点に広げた。

 このまま逃げ切りたい彦根総合だったが、大阪桐蔭も流石にそれは許さない。4回表に2死二塁から3番・德丸 快晴外野手(1年)の右前適時打で1点を返すと、その後、連続押し出しで逆転に成功。ここで彦根総合は先発の野下 陽祐投手(2年)から勝田 新一朗投手(2年)に継投する。

 その代わり端、8番・村本 勇海内野手(2年)の放った打球は強い当たりの二ゴロとなる。二塁手の徳村 光希内野手(2年)はよく捕球したが、送球が乱れて2人の走者が生還。彦根総合は痛い追加点を献上したが、「今の彼らの筋力、体力では精いっぱいのプレー。責められないですね」と宮崎監督は語った。

 立ち上がりこそ制球に苦しんでいた前田だが、リードをもらってからは別人のように立ち直る。4回以降は1安打無四球と完璧に近い投球を見せてチームを勝利に導いた。

 一方、敗れた彦根総合だったが、宮崎監督のコメントは至って前向きだった。

「自分たちの出せる最高の力は出し惜しみなく発揮してくれたと思います。食らいつくことはできたし、前田君みたいなピッチャーと公式戦で対戦できて、財産になると思います。自分たちに足りないこともわかっただろうし、練習の食いつきが違うかなと思っています」

 初出場の近畿大会で確かな爪痕を残した彦根総合。近畿のセンバツ出場枠は6のため、選考の当落線上となったが、全国でも戦えるチームであることは証明できたはずだ。

(取材=馬場 遼)