点の取り合い、あと一歩及ばず・尚志館

<第28回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会:鹿児島実6−5尚志館>◇12日◇準決勝◇平和リース

 鹿児島実と尚志館。どちらも同じ川島学園の設置校同士の対戦は、終盤まで見応えのある点の取り合いが続いた。

 初回に互いに相手のエラーで1点ずつ取り合った。

 4回裏、尚志館は1死二、三塁から5番・原田 柊児の三ゴロの間に1点を勝ち越した。

 鹿児島実は6回表、7番・高橋 裟輝亜の右前適時打、押し出し、エラーで3点を奪って逆転したが、その裏、尚志館は3番・川﨑 知裕の右前適時打、5番・原田の三ゴロで同点に追いついた。

 9回表、鹿児島実は2死一、二塁から5番・西 悠太朗の左越え二塁打で2点を勝ち越す。

 その裏、尚志館は2死から8番・古川 愛都が中越え二塁打を放ち、9番・下戸 流星が中前適時打を放ち、1点差に詰め寄ったが、あと1歩及ばなかった。

(取材=政 純一郎)