【新型コロナワクチンの疑問に答える】#33

 この冬はインフルエンザの流行が懸念されている。新型コロナウイルスとの同時爆発も懸念されるが、それぞれのワクチンを同時に接種してもいいのか。効果が薄れる可能性はないのだろうか。

 ◇  ◇  ◇

【Q】インフルエンザワクチンとコロナワクチンの同時接種に問題は?

【A】「同時に受けても理論上、問題はありませんし、免疫学的には、どちらに対する抗体価も上がると思われます。同時に3つを接種する3種混合DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)ワクチンでは、お互いに免疫体を活性化するとのデータもあります。ただし、コロナワクチンの副反応とインフルエンザの副反応が重なる場合があるため、2週間ほど間隔を空けてから打つのも手です」

【Q】副反応を予防するために、接種の前後に熱などの症状が出ていない段階で解熱鎮痛剤を投与するのは?

【A】「カロナールなどの解熱鎮痛剤を前もって飲んでからワクチンを打つと、免疫反応やサイトカイン(免疫系細胞から分泌されるタンパク質)の産生が抑えられるため、避けた方がいいですね。解熱鎮痛剤の作用で免疫活性の力が低下させられてしまう可能性もあります。服用は、我慢できない局所の痛み、頭痛、発熱や疼痛が出現した場合に限った方がいいでしょう」

【Q】ワクチン接種前後に、やると効果が薄れることはあるか?

【A】「ステロイド剤、抗がん剤、抗リウマチ薬などを使っている患者さんは要注意で、薬の影響によって免疫力を高めるようなリンパ球や自然免疫などの機能が弱体化し、免疫が十分につかないこともあります。該当する患者さんはもちろんですが、そのほかの人でも、接種前の1週間は、解熱鎮痛剤やステロイド剤の入った医薬品を使わない方がいいと考えています」

【Q】世界で試験導入されている「ワクチンパスポート」は、国内でも電子発行が検討されている。これはパンデミックとの共存に必要なのか。旅行業界や飲食業では、パスポートを活用した規制解除を期待しているが、問題点は?

【A】私はワクチンパスポートがあった方がいいと思います。もちろん、現行のワクチンによって常に出現する変異株に対して十分な抗体を獲得できるとは断言できませんし、ワクチンを接種しても100%感染しないという保証はありません。ただし、ウイルスは変異を繰り返すケースが多く、たとえワクチン接種済みの人が罹患しても、重症化したり死亡したりした例はほとんどありません。パンデミック中はパスポートを活用し、多くの人が安全で、楽しく豊かな人生を送れるようにすべきだと思います。あと2年ほどすれば、カクテル療法や新しい抗ウイルス薬などが使えるようになり、都度、緊急事態宣言を出す必要もなくなると予測されます」

(奥田研爾/横浜市立大学名誉教授)