アンチエイジングへの新しいアプローチ「除去力」に注目!老化物質を捨てる除去力は加齢とともに低下。大豆サポニンBが老化物質の除去をサポート。

老化の原因の一つは、体にたまった老化物質

ある程度年齢を重ねた女性なら、老化を防ぎ若返りを促すアンチエイジングに関心を持っていることでしょう。

老化とは、年齢とともに体に備わったさまざまな機能が低下することといえます。この機能低下の原因の一つと考えられているのが、体内にたまった老化物質です。ここで言う老化物質とは、たんぱく質や脂質、DNAなど体を構成する主な物質が、活性酸素などによってダメージを受け、異常化して蓄積したもの。活性酸素は、紫外線や放射線、排気ガス、化学薬品、食品添加物や残留農薬、喫煙、大量飲酒、ストレスなどで発生することが知られています。

老化物質を発生させないためには、食事や生活習慣の見直し、抗酸化ビタミンの摂取などにより、活性酸素によるダメージを防ぐのが効果的です。これまでアンチエイジングといえば、この「抗酸化」の考え方が主流でした。
一方、体にはもともと老化物質を体の外に捨てる力(除去力)が備わっていて、若いころは老化物質が発生してもすぐに分解・排出されます。しかし加齢とともに、除去力は徐々に低下します。

除去力を高めることもアンチエイジングにとって有効

若いときは体にあまり老化物質はたまっていませんが、加齢や生活習慣の乱れなどによって、老化物質は徐々にたまっていきます。ファンケル総合研究所の山口宏二副所長は、「それは、まるでサビが体にたまるようなイメージです」と解説。
 そして「これまでは、抗酸化成分によるアプローチによって、活性酸素のダメージを防いで老化物質を作らせない、ためないということが重要視されてきました。しかし現代人にとって体のサビを完全に防ぐことは不可能です。それならば、たまった老化物質を捨てる除去力を高めることもアンチエイジングにとって有効ではないかと考えました」といいます。

老化物質の中でも特に問題と考えられるのは、「たんぱく質の老化」です。たんぱく質は細胞の主要な構成成分であり、肌や髪、筋肉、内臓などはもちろん、骨も、酵素も主にたんぱく質からできています。
これら体の重要な機能を担っているたんぱく質が老化すると、その機能が低下し、老化や病気につながるのではないかと考えられています。たとえば肌に老化物質がたまればたるみやくすみ、しわなどの原因になり、老けて見えるでしょう。病気との関係では、動脈硬化や糖尿病、白内障、アルツハイマー病、パーキンソン病などの患者さんは、血液や臓器、器官などに蓄積する老化物質が健康な人に比べて多いという報告もあります。

老化物質の除去をサポートする大豆サポニンB

山口副所長らは、なんとかたんぱく質の老化により蓄積する老化物質を除去できないか、あるいは蓄積を防げないかと考えました。そして、大豆にわずかに含まれる成分「大豆サポニンB」に、たまった老化物質の分解・除去をサポートする可能性があることを発見しました。

体に備わった除去力を担うシステムの一つに、老化物質の分解酵素(プロテアソーム)があります。大豆サポニンBがこのプロテアソームを活性化させること、経口摂取によりシワの改善効果があることなどが実験により確認されています。

大豆サポニンBは大豆にわずか0.1%しか含まれていませんが、普段の食事では豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品からとることができます。有効量と考えられる1日50mgを摂取するためには、豆腐なら約1丁、納豆なら約1.5パック、みそ汁なら約14杯が必要です。普段から大豆製品をよく食べる方なら、これらの食品を組み合わせてとれば、何とかクリアできそうにも思えますが、毎日食べ続けるのはなかなか難しいものです。そのような場合は、大豆サポニンBを配合したサプリメントでとるのもよいでしょう。

これからのアンチエイジングは、老化物質を作らせない「予防」に、老化物質の「除去」という新しいアプローチを加えた2本立てで取り組むことをおすすめします。

(編集・制作 (株)法研)

【取材協力】
山口 宏二先生
ファンケル総合研究所副所長
横浜市立大学客員教授、金城学院大学客員教授
ファンケル総合研究所にて機能性食品の研究・開発に携わる。農学博士、獣医師。金城学院大学薬学部ではサプリメント開発に関する教育、横浜市立大学では分子細胞生物学客員教授として翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点の形成に参画している。サプリメントアドバイザー認定機構の認定教育委員も務める。主な著書(分筆)に、『ヘルスフード科学概論』(成山堂書店)、『サプリメント健康バイブル』(小学館)など。

※この記事は2012年12月に配信された記事です